便箋の選び方と枚数【折り方と封筒への入れ方】

便箋の正しい選び方!折り方と封筒への入れ方

手紙を出すとき、正式には白の便箋を使用し、枚数は2枚以上用いるのがマナーといわれています。文章が1枚で終わるときは、白紙の便箋を1枚付けるようにします。

 

しかし、弔事やお見舞いの手紙では、「不幸が重なる」という意味にとれるので、便箋は1枚でかまいません。手紙をもらった方が読みやすいように、折り方や封筒の入れ方も工夫されていますので、細かいところまで心配りをして温かいお祝いの言葉を伝えましょう。

 

 

 

便箋の書き方

文章を書くとき、改まった方への手紙の内容は縦書きするのが基本です。基本は罫線なしの便箋がよいですが、全体のバランスがとりずらいため罫線があるものでもよいでしょう。

 

内容を横書きするときは、親しい関係の方の場合に使用します。可愛い柄の入った便箋やおしゃれなセンスのある便箋を選ぶとよいでしょう。

 

便箋の折り方と封筒の入れ方

 

便箋を四つ折りにして和封筒に入れる

便箋を四つ折りして封筒に入れる入れ方

 

(1)書き出しを上側にして置き、文面が見えないように半分に便箋を折ります。
(2)さらに半分に折って四つ折りにします。
(3)文章の出だしが封筒の頭にくるように入れます。

 

 

便箋を三つ折りして和封筒に入れる

便箋を三つ折りして封筒に入れる入れ方

 

(1)書き出しを上側にしておき、文面が見えないように便箋の下1/3を折ります。
(2)次に便箋の上1/3を折り、便箋を三つ折りにします。
(3)文章の出だしが、封筒の頭にくるように入れます。

 

 

便箋を四つ折りにして洋封筒に入れる

便箋を四つ折りして封筒に入れる入れ方

(1)書き出しを上側にして置き、文面がみえないように半分に折ります。
(2)さらに横半分におります。
(3)文章の書き出しが上になるように封筒に入れます。