はがき・手紙の文章の書き方【出だしと締めの挨拶文】

説明友人や同僚、いつもお世話になっている方に祝い事があったときは、すぐにお祝いの言葉を伝えるようにしましょう。

時期を逃してしまっては、せっかくのお祝いの気持ちがふぬけな感じとなり、だいなしになってしまいます。

また、手紙やはがきを書くときは、文章が下手でもかまわないので、自分の言葉で伝えるようにしましょう。

丁寧に気持ちを込めて文章を書けば、相手の気持ちを思いやる温かなお祝いの文面となります。

ここでは文章を書くのが苦手な方でも、上手く文章の組立ができるように、構成の仕方や今すぐ使える挨拶文を紹介します。例文を丸写しにするのではなく、自分の言葉で上手く表現しなおしてみましょう。

ハガキ・手紙を書く前の注意点

年配の方や上司など、改まった相手へお祝いのメッセージを伝えるときは、基本的には手紙を用います。ハガキは文章が丸見えなので、改まった用件を伝えるときには不向きです。

また、文書を書くスペースが少ないので、親しい関係の相手でも内容が書ききれないときや、秘密にしたい用件などを書くときは、封書を用いるようにしましょう。

ハガキは手紙よりも略式なものなので、基本的に目上の方や年配の方、改まった用件の場合は使用しないということを覚えておきましょう。

 はがきを用いるか手紙を用いるか、悩んだときの目安

形式を重んじる方や改まった相手の場合は、表書きや文面は縦書きするのがマナーですが、住所や地図などのデータを相手に知らせる場合、横書きしたほうがわかりやすいことがあります。

このような時は、改まった相手であっても、はがきや手紙は横書きしてもよいでしょう。また、旅先から絵葉書などを出すときも、横書きしてもよいでしょう。

文章の組み立て方と挨拶文

はがきと手紙の書き方の見本と構成をまとめています。

はがきの書き方の見本

はがきの構成・書き方見本画像

手紙の書き方の見本

はがきの構成・書き方見本画像

文章の組み立てと構成

 まずはじめに:頭語
改まったときや目上の方に手紙やはがきを書くときは、文章の出だしに「頭語」と「結語」が必要ですが、親しい関係の相手に頭語と結語を使うと、堅すぎる文章になりますから省略して、主文から書き始めるとよいでしょう。

※「頭語」と「結語」は、組み合わせて使います。決まった組み合わせがあるので、間違えないように気を付けましょう。

 頭語と結語の組み合わせ

 

 前文:書きだしの言葉と時候の挨拶文
手紙やはがきの前文には、相手を気遣う言葉、自分の健康、安否を知らせる言葉、日ごろの感謝などを伝える言葉を述べるようにします。

また、季節を表現した時候の挨拶文では、選ぶ挨拶一つで印象が違ってきます。例えば、「入梅の候」という時候の挨拶文例を選んだ場合、形式ばった感じの印象になるため、さらっと挨拶文は流され本題に入るでしょう。

また、「うっとうしい雨の日が続く季節となりました。」という時候の挨拶文を選ぶよりも、「紫陽花が大輪の花を咲かせる季節となりました。」という挨拶文を選んだ方がよい印象です。

ネガティブな印象を与える文例は、選ばないようにしましょう。

手紙を書くことが苦手でも、基本の挨拶文の構成を知っておけば、なんとなくかたちになります。基本の挨拶文をまとめていますので、どんどんはがきや手紙に取り入れてみましょう。

 出だしの挨拶文(季節を問わず使える)

1月 2月 

 

 主文:素直に表現することが大事
ちゃんとした文章を書かなくては!と考えすぎてしまうと、何を書いたらよいのかわからなくなります。相手に悪い印象を与えない文章であれば、下手くそでも素直に自分らしく表現すれば温かいはがきや手紙となります。

「残暑がいっそう身にこたえる毎日です」と書くよりも、「夏の夜の大きな花火に、娘がはしゃいでおりました。」と書いた方が、相手にはとても印象的です。

身近におこった出来事や思い出を、自分の言葉で挨拶文にすると相手の心に届く文章となります。

 

 末文:結びの言葉と時候の挨拶文
最後に、相手の健康や繁栄を祈る言葉や、今後のおつき合いをお願いする言葉を述べましょう。

 終わりと用件をまとめる挨拶文(季節を問わず使える)

1月 2月

 

 最後に:結語
頭語とセットで使用する結語は、一番最後の行の下に書きます。文章を締めくくります。

 頭語と結語の組み合わせ

スポンサーリンク