カード・一筆箋の基本の書き方と使い方

カード・一筆箋の書き方【短いメッセージで気持ちを伝える!】

一筆箋の書き方を説明する人

カードや一筆箋は手紙とは違って、文章を書くスペースが少ないため、細かな内容を記すことができません。

 

ハガキや手紙よりも簡単なものですので、親しい友人などに利用するならかまいませんが、目上の方や上司へ用いるのは失礼にあたります。

 

今はかわいい誕生日カードやクリスマスカードなどがたくさんありますので、センスのあるカード選びをしてお祝いメッセージを贈ると喜ばれることでしょう。

 

しかし、一筆箋は贈り物に添えるときに使うものなので、単独でメッセージを書いて送らないように注意しましょう。

 

 

カード・一筆箋の書き方と構成

カード

1.タイトル・挨拶
カードにタイトルなどが印刷されている場合は、わざわざ書く必要はありません。

 

2.主文
お祝いの言葉や近況報告などを伝える。

 

3.相手への思いやりの言葉
これからのお付き合いのお願いや、相手の健康を祈る言葉を伝えましょう。

 

4.日付・署名
結婚祝い、出産祝い、クリスマスや誕生日など、かわいいおしゃれなカードが多く販売されています。相手のことを思って選ぶカード選びも楽しみの一つです。センスのあるカード選びをしてみてくださいね。

 

一筆箋

1.季節の挨拶
省略してもかまいません。

 

2.主文
お祝いの言葉や近況報告を伝えます。品物についての説明をしましょう。

 

3.相手への思いやりの言葉
これからのお付き合いのお願いや、相手の健康を祈る言葉を伝えましょう。

 

4.日付・署名
一筆箋を贈り物に添えるときは、メッセージは長くても2枚におさまるように書きます。一筆箋は親しい相手に贈るものなので、季節の挨拶や「拝啓」「敬具」など頭語や結語は、省略して堅苦しくない文章でかいてもかまいません。

 

 

カード・一筆箋のこんなときどうする!?

 

上司や目上の方に送ってもかまわない?

 

親しい関係にある上司ならカードや一筆箋を用いてもかまいませんが、基本的に上司や目上の方は手紙で伝えるようにしましょう。クリスマスや誕生日、金婚式や賀寿のお祝いなどは、上司や目上の方でもカードを使用してもよいでしょう。

 

あくまでもカードや一筆箋は、略式なものだということを覚えておくようにしましょう。


 

内容がおさまらないとき

 

メッセージカードや一筆箋におさめようと、文字が小さくなったりはみ出だりするのは、見た目もよくないし相手も文章が読みずらいです。このようなときは、通常の便箋にメッセージを書くようにしましょう。


 

お祝いの時期が遅れたとき

 

せっかくのお祝いも、時期を逃しては気持ちがつたわりません。お祝いが遅れた場合は、遅くなったお詫びの言葉や暑中見舞いや年賀状などに兼ねて、気持ちを伝えるようにするとよいでしょう。