結婚祝いを贈るとき・内祝いを贈るときのお祝いメッセージ文例集

結婚祝い・内祝いに添えるお祝いのメッセージ!【贈答マナーと文例集】

結婚祝いのメッセージの書き方を説明する女性

身内や友人、同僚や上司など、相手が結婚することを知ったら、すぐにお祝いの言葉を伝えるようにしましょう。

 

時期がずれてしまっては、相手も今さら?というふうに思ってしまします。

 

また、結婚祝いをもらったら、感謝の気持ちはすぐに伝えるようにします。

 

お祝いを贈った相手は、ちゃんと届いたかどうか気にかけているはずですので、時期が遅れたりする場合でもお礼だけは先に伝えるようにします。

 

結婚祝いを贈るほうもお返しをする方も、目上の方や上司、形式を重んじる方の場合は、手紙でお祝いやお礼を述べるのがマナーです。

 

ですが、気心の知れた上司や、後日改めて会うようになっている方には、改まった相手でもはがきでお祝いや感謝を述べてもよいでしょう。

 

 

結婚祝いや内祝い(お返し)を送る時期

結婚祝いの品物や内祝いの品物を贈るとき、親しい関係の方にはカードや一筆箋を添えて、お祝いを述べてもかまいません。しかし、改まった方の場合は贈答品とは別に、お祝いの言葉やお礼状を手紙で送るようにしましょう。

 

結婚祝いの文例集

結婚祝いは、挙式前までには送るようにします。相手は準備でばたばたしていますから、遅くても1週間前までには送るようにしましょう。また、授かり婚や入籍だけで、結婚式を挙げない場合は、入籍後なるべく早めに送るようにしましょう。

 

お祝いのメッセージをはがきや手紙で送るときや贈答品を送るときも、発送する時期はお日柄のよい日を選びます。その中でも「大安」か「友引」が結婚ではよいとといわれています。

 

ポストに投函した場合、時間よっては消印が次の日になってしまいます。確実に消印を吉日に押してもらうために、郵便局へ直接持参しましょう

切手のデザインにも心遣いされると、結婚祝いをもらった相手も嬉しいことでしょう。

 

結婚内祝い・お返しの文例集

お祝いをいただいたら、お返しが遅くなるときでも、まずはお礼を先に伝えましょう。できるだけ3日以内にはお礼状をおくるようにします。結婚祝いを贈った相手は、届いたかどうか心配しているはずです。

 

すぐにお礼状が出せないときは、届いたその日に電話やメールで感謝を伝えてもかまいませんが、後にお礼状を送ると丁寧です。


結婚祝い・内祝いの言葉記事一覧

カードや一筆箋を用いる相手は、親しい関係にある方だけです。一筆箋は2枚以内にメッセージをまとめるようにしますが、内容を書ききれないときは便箋に書くようにしましょう。一筆箋もカードも内容を書くスペースが少ないので、短い文章で気持ちを伝えなくてはいけませんので、簡潔に伝えたいことをはっきり書くようにしましょう。結婚祝いの文章構成【一筆箋・カードの文例集】お祝いの言葉を述べる近況報告や品物についてなどの...

お祝いのメッセージを書くときは、使ってはいけない忌み言葉に注意して、メッセージを書くようにしましょう。寄せ書きは、短い文章で相手に気持ちを伝えなければなりません。ここでは一言で気持ちが伝わる、結婚祝いの寄せ書きのメッセージ文例を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。寄せ書きメッセージの文例・例文集友人へ結婚おめでとう。とってもお似合いの2人だね。これからも手を取り合って仲良く頑張って!!...

結婚祝いのはがきや手紙は、「結婚おめでとう!」と文章の始めに書いた方が、ストレートに気持ちが伝わります。また、今後の二人がずっと幸せであるように願う気持ちを述べると、相手も喜ばれることでしょう。お祝いの手紙やはがきを書くときは、「割れる」「去る」「壊れる」などといった忌み言葉に注意して、メッセージを書くようにしてくださいね。親しい関係の相手にははがきでお祝いを伝えてもよいですが、改まった相手には手...

結婚祝いのお返しや内祝いの品物にカードや一筆箋を添えるときは、相手がどのような方なのか判断することが必要です。あまり親しくない人や相手が形式を重んじる人の場合、手紙でお礼状を出すのがマナーです。後で挨拶に伺うのなら、一筆箋やカードを利用してもかまわないと思いますが、お礼状だけで済ませる場合は、手紙よりも一筆箋やカードは略式のものとなりますので、封書でお礼状は出すようにしましょう。結婚内祝い(お返し...

結婚祝いをもらったら内祝い(お返し)は、挙式後1ヶ月以内に直接お渡しするか、郵送するのがマナーですが、お祝いが届いたらお返しの品が遅れる場合でも、届いたという連絡はすぐに相手に伝えるようにしましょう。お礼状で感謝を伝える場合は、3日以内にはハガキや手紙を送るようにしてくださいね。お礼状には、いただいたものへの感想や家族の反応、使い道などを詳しく述べると、お祝いを送った相手も「よかったぁ」と喜ばれる...