結婚祝いに添える一筆箋・カードの文例

結婚祝いに添えるカード・一筆箋の文例

カードや一筆箋を用いる相手は、親しい関係にある方だけです。一筆箋は2枚以内にメッセージをまとめるようにしますが、内容を書ききれないときは便箋に書くようにしましょう。

 

一筆箋もカードも内容を書くスペースが少ないので、短い文章で気持ちを伝えなくてはいけませんので、簡潔に伝えたいことをはっきり書くようにしましょう。

 

 

 

結婚祝いの文章構成【一筆箋・カードの文例集】

  1. お祝いの言葉を述べる
  2. 近況報告や品物についてなどの説明
  3. 相手への思いやりの言葉
  4. 日付・署名

※現金や商品券を贈るときは、はっきりと書くことは避けましょう。

 

文例1:品物を贈ったとき

○○さんご結婚おめでとうございます。
 あいにく出張と重なり披露宴に出席できなくてごめんなさい。○○さんのウェディングドレス姿を楽しみにしていたのですが、とても残念です。
 心ばかりの品を送らせていただきました。使ってもらえたら嬉しいです。
 末永くお幸せにね。
○月○日

 

文例2:現金・商品券を贈ったとき

結婚おめでとうございます。
 二人のことだから、きっと温かい笑顔いっぱいの家庭になるでしょうね。
 ささやかですが、お祝いを送らせていただきましたので、これからの新生活に役立ててくださいね。
 お二人の永遠の幸せを、心よりお祈り申し上げます。
○月○日