結婚祝いの書き方【手紙・ハガキの文例集】

結婚祝いの書き方【手紙・はがきの文章構成と文例集】

結婚祝いのはがきや手紙は、「結婚おめでとう!」と文章の始めに書いた方が、ストレートに気持ちが伝わります。また、今後の二人がずっと幸せであるように願う気持ちを述べると、相手も喜ばれることでしょう。

 

お祝いの手紙やはがきを書くときは、「割れる」「去る」「壊れる」などといった忌み言葉に注意して、メッセージを書くようにしてくださいね。

 

親しい関係の相手にははがきでお祝いを伝えてもよいですが、改まった相手には手紙で祝い状を送りましょう。

 

 

 

親しい方へ結婚祝いの書き方と文例集

親しい方へ結婚祝いのはがきや手紙を送るときは、頭語や時候の挨拶文を書略してもかまいません。改まった堅い文章よりも、普段会話するように文章を書いた方が相手には気持ちが伝わります。

 

文例1:友人へ

ご結婚おめでとうございます!
 また、披露宴に招待してくれてありがとう。 
 幸せいっぱいの二人の姿をとても楽しみにしていたのですが、当日は仕事になり残念ですが出席できません。落ち着いた頃に新居に遊びに行くので、そのとき結婚式の写真をみせてくださいね。
 心ばかりの品を別便で送ったので、新生活に使ってください。
 これからは二人で幸せな家庭を気付いてくださいね。末永くお幸せに…

文例2:いとこへ

○○おねーちゃんご結婚されるのですね。おめでとうございます。
 お相手はとても素敵な方と伺っいます。おじさんもおばさんも、さぞかし喜ばれたことでしょうね。
 本日、心ばかりの結婚のお祝いを送らさせてもらいました。お二人のこれからの楽しい新婚生活に役立ててもらえたら嬉しいです。
 この先の長い人生、二人で手を取りあい助け合って歩んで行ってくださいね。心よりお二人のご多幸をお祈りいたします。

 

改まった方へ結婚祝いの書き方と文例集

仲のよい上司なら、はがきでお祝いを述べてもかまいませんが、基本的に上司や目上の方へ結婚のお祝いを述べるときは、手紙で伝えるようにしましょう。

 

文例1:上司へ

拝啓 初夏の候、時下ますますご清祥のことと拝察いたしております。
 このたびは、ご結婚おめでとうございます。また、披露宴に招待していただきまして、誠にありがとうございます。
 ご結婚のご報告、自分の事のようにとても喜んでいます。○○課長には新人の頃から指導していただき、こんな私のことをいつも気にかけてくださって、その温かさに本当に感謝しております。
 誰からも慕われる○○課長、円満で明るい家庭をきっと築かれることでしょう。
 当日、素敵なお二人にお会いできることを楽しみにしております。
 心ばかりではありますが、お祝いの品を別便でお送りいたしましたので、ご笑納くださいませ。
 お二人の人生がより素晴らしいものでありますよう、お祈り申し上げます。

敬具