結婚内祝い(お返し)に添える一筆箋・カードの文例

結婚内祝い(お返し)に添える一筆箋・カードの文例集

結婚祝いのお返しや内祝いの品物にカードや一筆箋を添えるときは、相手がどのような方なのか判断することが必要です。あまり親しくない人や相手が形式を重んじる人の場合、手紙でお礼状を出すのがマナーです。

 

後で挨拶に伺うのなら、一筆箋やカードを利用してもかまわないと思いますが、お礼状だけで済ませる場合は、手紙よりも一筆箋やカードは略式のものとなりますので、封書でお礼状は出すようにしましょう。

 

 

結婚内祝い(お返し)の文章構成【一筆箋・カードの文例集】

  1. 祝ってくれたことの感謝やお礼を述べる
  2. 近況報告や品物についての説明
  3. 相手への思いやりの言葉
  4. 日付・署名

 

文例1:品物をもらったとき

○○へ
 結婚のお祝いありがとう。
 ○○にもらった掛け時計は、さっそくリビングに飾りました。さすが親友だね!私の好みわかってる!狭いところだけど、落ち着いたら新居に招待するから遊びにきてね。
 ささやかながらお礼のしるしに、心ばかりの品をお贈りさせていただきます。
 季節の変り目なので、お互い体には気をつけようね。

本田○○・○○

 

文例2:現金・商品券をもらったとき

朝夕、寒さが身にしみる日が続きますが、お元気ですか?
 先日は、結婚のお祝いをいただき、ありがとうございました。いただいたお祝いで、前からほしかった○○を購入しました。大切にさせていただきます。
 ささやかではありますが、内祝いの品を送らさせていただきました。
 改めて、ふたりでご挨拶に伺いたいと思っております。これからも夫婦ともどもよろしくお願いします。
○月○日

本田○○・○○