結婚祝いお礼状の書き方【手紙・ハガキの文例集】

結婚祝いのお礼状書き方【手紙・はがきの文章構成と文例集】

結婚祝いをもらったら内祝い(お返し)は、挙式後1ヶ月以内に直接お渡しするか、郵送するのがマナーですが、お祝いが届いたらお返しの品が遅れる場合でも、届いたという連絡はすぐに相手に伝えるようにしましょう。

 

お礼状で感謝を伝える場合は、3日以内にはハガキや手紙を送るようにしてくださいね。

 

お礼状には、いただいたものへの感想や家族の反応、使い道などを詳しく述べると、お祝いを送った相手も「よかったぁ」と喜ばれる事でしょう。

 

また、結婚祝いでは、夫婦二人の連名でお礼状を書くようにしましょう。

 

 

結婚祝いのお礼状【はがき・手紙の書き方・文例集】

 

文例1:友人へ

○○○、とても素敵な夫婦茶碗ありがとう。
 さっそく今日から夕食のときに使わさせてもらっています。大切に使わせてもらうね。本当にありがとう。
 落ち着いたら、狭いところだけれど新居に遊びにきてください。○○○の好きなお酒を用意して待っています。
 ささやかながら、お礼の品を送らさせてもらいました。これからもよろしくね。
 今後も夫婦ともどもよろしくお願いします。
 ○月○日

(夫婦連名で署名)

 

文例2:親戚へ

拝啓 桜の美しい季節となりましたが、ご家族様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
 このたびは、私どもの結婚に際しまして、ご丁寧なお祝いを頂戴いたしまして、心より感謝いたしております。 いつもお何かと心にかけていただきまして、誠にありがとうございます。
 今までの独身生活とは違い気を引き締めて、今後は家族を大切に、そして今まで以上に仕事にも力を入れて努力する所存でございます。
 これからも、変わらずお力添えくださいますよう、お願い申し上げます。

敬具

 ○月○日

(夫婦連名で署名)

 改めまして、妻の○○を連れてご挨拶にお伺いするつもりです。今後ともよろしくお願いいたします。

 

文例3:上司へ

謹啓 向秋の候、○○様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、このたび私どもの結婚に際しまして、結構なお祝いの品をいただきまして、深く感謝いたしております。妻も大変気に入り、大切に使わせていただくとお礼を申しておりました。
 ○月○日に身内だけのささやかな挙式をいたしました。本来ならお招きしてご披露すべきところですが、大変失礼いたしました。
 なにぶん未熟な二人でございますので、今後も変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
 改めまして、二人でご挨拶にお伺いするつもりです。○○様のますますのご発展を心より祈念いたしております。

敬具

 ○月○日

(夫婦連名で署名)