結婚式の招待状(返信)【返事の書き方とマナー】

結婚式の招待状の返信 【返信はがきメッセージの書き方とマナー】

結婚式の招待状の返信の仕方を説明する女性

招待状が届いたら、なるべく早く1週間以内には返信はがきを出すようにします。

 

しかし欠席する場合、返事が早すぎると最初から来る気がなかったのかなと、相手を嫌な気分にさせてしまうこともあります。

 

そのような場合は、メッセージ欄に一言欠席の理由を書いて、タイミングをみて返信を出すようにします。

 

また、手渡しするのはマナー違反になるの?という質問がありました。

 

手渡ししてはだめ、という決まりはないのでかまわないと思いますが、そのためだけに新郎新婦に時間を作ってもらうのなら、返信はがきは投函するようにしましょう。

 

どちらにしても、なるべくお日柄のいい日を選んで返信すると、ちょとした心心遣いが相手に伝わりますね。ただこれも決まり事ではないので、そうでないといけないルールはありません。

 

ここでは結婚式の招待状をいただいたときの、返信はがきのメッセージ欄の書き方、出席と欠席する場合のメッセージの文例、招待状の返信マナーについて説明します。

 

スポンサーリンク



結婚式の招待状(返信)記事一覧

結婚式の招待状の返信はがきは、毛筆か万年筆での書き方が基本となります。使い慣れない毛筆などを使ってはがきを書くと、文字のバランスがとれなかったり上手く書くことが難しいですよね。そんなときは、普段使っているボールペンで返事を書いてもいいでしょう。しかし、このときのボールペンのインクの色は、必ず「黒」を使って書くようにします。紺色やグレーのインクはマナー違反となります。招待状の返事 返信はがきの文字・...

結婚式の招待状の返事を出すときは、「二本線」や「寿」で敬語となる「御」「御芳」を消してから返信するようにします。また、家族や夫婦で結婚式に招待されたとき、返信はがきの氏名欄には必ず出席する全員の名前を書くようにします。子供であっても、出席するなら必ず名前を書きます。夫婦のどちらかが欠席する場合などは、返信はがきに出席できないお詫びのメッセージと祝福のメッセージを書くようにします。はがきを返信すると...

メッセージを書く欄・スペースがないときはがきの裏側にメッセージ欄がないときには、縦書きのはがきでも横書きのはがきでも、余白にお祝いのメッセージを書くようにします。メッセージを書くときに句読点を使うと、文字がとぎれたり文章が終わることから、結婚のお祝いでは「縁が途切れる」「終止符が打たれる」といわれ、句読点は縁起が悪いとされています。句読点を使わずメッセージを書くと、ちょっとした心づかいが伝わりま...

はがきを出さず、メールや電話で招待状の返事をしてもいい?結婚式の招待状が届いたけれど、友人と電話する機会があった、メールをする用事があったのではがきの返信はしなかったなんてことはありませんか?結婚式の主催者は、返信はがきで出欠の確認をしていますので、はがきの返信がないと再度確認の連絡をしなければなりません。結婚式の準備で慌ただしくしている2人に、「招待状はちゃんと届いていたかな?」などど余計な手間...

結婚式の招待状を返信するとき、はがきにお祝いのメッセージを添えて返事を出すようにします。「お祝いの言葉」「招待してくれたことへの感謝の気持ち」「挙式や披露宴を楽しみにしていること」などをメッセージに書くと、温かい返信はがきになります。結婚式の招待状を返信するときに書くメッセージの文例・例文結婚式に出席するときの文例・例文この度はご結婚おめでとうございますお招きいただきましてありがとうございます○○...

結婚式の招待状が届いたけれど、挙式と披露宴のどちらかしか出席できない、夫婦で招待されたけど片方だけしか出席できない場合のメッセージの書き方をご紹介します。片方だけ欠席の場合も、病気や弔事などで欠席するなら、はっきりとした理由を書く必要はありません。メッセージの書き方のポイントとして「お祝いの言葉」「招待してくれた感謝の気持ち」「片方だけの参加だけれど、楽しみにしていること」などを返信はがきに書くよ...

招待状が届いたけれど都合が付かないときは、招待状の返事に欠席理由を書いて返信します。このとき「他の結婚式と重なった」「身内に不幸があった」「体調がわるい・病気やけが」などの場合には、欠席理由をはっきりと書いてはいけません。メッセージの書き方のポイントとして、結婚式に出席できないときでも、「祝福の気持ち」は必ず書くようにします。また「参加したけれど残念な気持ち」や「お詫びの言葉」をメッセージに書き添...