結婚報告はがきの書き方【宛名・差出人の名前】

結婚報告の挨拶状 ハガキの書き方(宛名・差出人の名前)

宛名の書き方を説明する女性

家族で生活している上司や友人へ、結婚報告のはがきやお礼状を出すとき、誰の名前ではがきを出せばよいのか悩む方も多いです。

 

せっかくの幸せな結婚報告も、宛名を間違えて書いてしまえば相手に失礼にあたりますので、書き方に注意してはがきを出すようにしましょう。

 

ここではさまざまなパターンの宛名の書き方や、差出人の書き方でよくある疑問をまとめて解決しました。

 

 

こんなとき宛名は誰の名前を書くの!?

 

結婚式に出席していただいた方へのお礼状

家族全員で出席してくれたときの宛名

結婚式に家族全員で出席してもらったときのお礼状の宛名は、世帯主の方の名前ではがきを出すようにします。「○○ ○○様 御家族一同様」と宛名を書きます。

 

はがきの裏には「皆さんでご出席いただきありがとうございました」と、家族全員に手書きで一言でもメッセージを書くと貰った方もうれしいですね。

 

旦那さんの代わりに奥さんが出席したときの宛名

このときのはがきの宛名は、旦那様と奥様の連名にします。今後のお付き合いのお願いと、結婚式のお礼のメッセージを書くようにしましょう。

 

 

家族と住んでいる方への結婚報告のはがき

奥さんの実家に弟夫婦が同居しているときの宛名

奥さんの親御さんと弟夫婦の苗字が違う場合は、「○○方(親御さんの姓) 山本太郎様・恵子様」といような宛名の書き方をします。
もし、奥さんのご両親からお祝いを頂いているときは、ご両親宛てと弟夫婦宛てに2通はがきを出すようにしましょう。

 

旦那の実家に兄弟が同居しているときの宛名

「世帯主の名前」と、その左横に「ご家族一同様」と名前を書きます。個人的にメッセージがあるときは、結婚報告とは別のはがきを出すとよいかもしれませんね。

 

 

主人の職場の方へ結婚報告のはがきを出すときの宛名

仕事の付き合いだけならはがきを出す本人の名前で出すようにし、奥様や旦那様の名前は必要ないでしょう。少しでも奥様や旦那様と面識がある方は、今後のお付き合いのことも考えて、夫婦連名で結婚報告のはがきを出すようにするとよいですね。

 

 

結婚報告の宛名は手書きで書いてもかまわないの!?

結婚報告はがきの宛名を、手書きで書いても問題はないです。結婚式にはあまり面識のない親戚や目上の方もいるので、気遣って宛名のサービスを利用される方も多いようです。

 

気心の知れた仲のいい友人や同僚などには、手書きで丁寧に宛名を書くことも心のこもった結婚報告となります。はがきを出す相手とのお付き合いの深さによって、宛名を手書きするか決めるといいかもしれませんね。

 

 

結婚報告はがきの差出人の名前は、旧姓の名前を書くの!?

差出人の名前は、新しい名前(苗字)ではがきを出すようにしますが、はがきを出した相手が誰かわからないこともあるので、旧姓も書くようにします。

 

例:山本花子(旧姓○○)

 

 

差出人の名前は、はがきの表面に書いてもかまわない!?

差出人の住所や名前は、はがきのどちらの面にかいても問題はありません。はがきのデザインにあった名前の書き方をしましょう。