暑中・残暑見舞いと兼ねた結婚報告のメッセージ

暑中・残暑見舞いと兼ねた結婚報告はがきの書き方 メッセージ文例・例文

「暑中見舞い」や「残暑見舞い」は、夏の暑い時期に相手の体を気遣う挨拶状で、お互いの近況を報告するお便りです。暑中見舞いと残暑見舞いは、挨拶状を出す時期が違いますので気を付けます。

 

季節の挨拶と結婚報告、相手の体を気遣うメッセージを書きましょう。季節が秋になる残暑見舞いでは、挨拶の言葉は「立秋」「晩秋」などを使います。

 

よく使用される「ご自愛ください」とゆう言葉は、お体を大切にしてくださいとゆう意味がありますので、言葉が重複しないように注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

メッセージ文例・例文

暑中お見舞い申し上げます。
夏の暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私たちは結婚しました。
これからは二人で温かい家庭を築いていきます。
この暑さも当分続きますが、くれぐれもご自愛ください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

残暑お見舞い申し上げます。
私たちは○月○日に入籍し、夫婦となりました。
これからの長い人生を二人で手を取り合い成長していきたいと思います。
夏の疲れが出る頃ですのでお体を大切にお過ごしくださいませ。

 

残暑御見舞申し上げます。
立秋とはいえ夏の暑さが続いています。
この度私たちは○月○日に結婚しました。
お二人のようなご夫婦を目指して頑張ります。
まだまだ残暑も厳しいですが、お体にお気を付けてお過ごしください。