水引の種類と選び方

水引の種類と選び方!

水引

 

慶弔のときの贈答品を贈る際に、和紙で品物を包む止め紐として使用されるようになったものを水引といいます。

 

水引は、和紙を紙縒り(こより)状にしてあり、水糊をひいて縒りが戻らないように和紙を固めたことから、水引と呼ばれます。

 

水引の白色は「神聖・清浄」とゆう意味があり、昔の水引は白一色を使用していました。

 

チェック 水引の色

 

日本古来からの祭り事、行事などで身に着けていた衣装の色や、中国から伝わった五行説の五原色によって、現代のように水引が色分けされるようになりました。

 

水引の色は左側を「陽」といい淡い色(白・銀)を、右側を「陰」といい濃い色(赤・黒・黄・金)などがくるように結びます。

 

金色と赤色のどちらも濃い色を使用するときは、左側「陽」に金色、右側「陰」に赤色がくるように、水引を結びます。はじまりは、古代中国の陰陽説にあるといわれています。

チェック 水引の本数

 

水引を結ぶときの本数は奇数とされており、これも古代中国の陰陽説からといわれています。基本の水引の本数は5本で、手の指の数を表しているとゆう説もあります。

 

水引の本数が3本の場合は5本を簡素化したもと考え、7本の場合はより丁寧にしたものと考えます。奇数でも9本は「苦」とゆう意味を持つため用いません。

 

婚礼では水引の本数は10本を用います。新郎新婦、両家が「互いに手を取り合う」「縁を結ぶという意味」で、5本と5本で10本の数を表しているそうです。

チェック 水引の結び方

 

水引の結び方の基本は「結び切り」「花むすび」「鮑結び」があります。この他にも水引の結び方はございますが、他のものはこの基本の結び方が変化したものです。

 

水引は、「結び方」「色」「本数」で意味が変わりますので、慶弔では使いわなければなりません。

 

 

 

水引の結び方と選び方

蝶結び・花結び

蝶結びの水引

なんどあってもよいお祝い事に用いる贈答品には、蝶結び(花結び)の水引を用います。一般的な祝い事には紅白の水引を使用しますが、その他には金銀の水引を用いることもあります。

 

結び切り

結びきりの水引

1度だけであってほしい祝い事には、結びきりの水引を用います。基本の水引の本数は奇数になりますが、婚礼のときは手と手を取り合うという意味から10本の水引が用いられます。

 

鮑結び・あわじ結び

チェック

結び切りの意味と同じように、一度であってほしい祝い事に用いる水引で、鮑(あわび)結び、あわじ結びともいいます。結びきりよりも複雑に結ばれていて、末永くという意味が込められています。