熨斗(のし)とは

熨斗(のし)とは!?

熨斗について説明する女性

熨斗(のし)は、贈る相手に何の贈りものなのかを伝えるために用います。

 

昔はのしのかわりに、目録に品物の内容や、数量、贈り主の名前を書くのがしきたりでした。

 

それが現代では簡略化されて、のし紙に何の贈りものなのか表書きをするようになりました。

 

ここでは熨斗の種類と選び方、熨斗の表書きや掛け方について詳しく解説しています。

 

 

のしとは?熨斗の由来

お祝い事があったとき、祝儀や贈答品を贈るときに添える飾りを熨斗(のし)といいます。

 

現在使われているのしは、色紙を六角形になるようにひだをつけて折り、黄色い紙を包みこんだものが使われています。

 

熨斗(のし)の正式な呼び名は、のし鮑(あわび)といいます。名前の由来は、昔はアワビを伸して使っていたことから、「伸した鮑」が「熨斗鮑」になったと伝えられています。

 

それが現代では省略されて「のし」になったといわれています。しかしお祝いの贈りものだからといって、何にでものしをつけてはいけません。

 

昔はお祝い事に生もの(魚・貝・肉など)を贈る風習があり、特に鮑はめでたいことの象徴として使用されていました。

 

熨斗は、生ものにはつけないのがマナーです。それは、従来の熨斗が生ものの鮑(あわび)であったため、生ものに熨斗を付けて贈ると意味が重複することから、生ものにはつけません。

 

慶弔いずれの場合にも、贈り物の包みにヒモのようなものをかけます。これを水引といいますが、水引は行事によって選び方が変わり、結び方によっても意味に違いがあります。行事によって水引の種類は、選び方をかえなくてはいけません。

 

水引とともにのしは用いられ、現代ではのし紙や祝儀袋(のし袋)などに直接印刷され、簡略化されたものもあります。熨斗は本来このような意味がありますが、今は一般的に「のし」といえばのし紙のことを指します。

 

お祝いを贈る相手が親しい間柄なら、のし紙をかけずリボンやラッピングなどでお祝いを贈るのもようでしょう。

 

 

 

内のしと外のし

 

相手にどのような目的で品物を贈るのか、伝わりやすいようにするために「内のし」と「外のし」のかけ方を使い分けます。 お祝い行事などによっても熨斗のかけ方は、シーンによって違ってきます。

 

品物を手渡しで渡す場合は、贈り物に直接のし紙をかける「外のし」をかけると、一目で何の贈りものなのか相手に目的がわかりやすいです。

 

また品物を郵送する場合などは、品物にのしをかけた上から包装紙で包む「内のし」をかける方が多いです。配達の途中で、のし紙が汚れたり破れたりするのを防ぐためです。

 

「内のし」にされた場合は目的や気持はすぐに伝わりませんが、「内のし」「外のし」のどちらでもマナー違反にはなりません。

 

 

のし紙のかけ方!熨斗の裏側

 

贈答品にのし紙をかけるときのし紙が裏で重なる場合は、慶事と弔事でのし紙のかけ方が変わりますので注意が必要です。

 

 

結婚祝い・出産祝い・内祝いなどの慶事は、のし紙をかけたときの裏の重なりは、右側が上になります。

 

のし紙をかける際、品物の上と下の置き方に気を付け、のし紙をかけます。品物本体の上と下を間違えてのし紙をかけると、慶弔が逆になりますので注意しましょう。

 

仲のいい友人などに品物を贈るときは、リボンなどをかけるのもよいですね。その場合にはのし紙をかける必要はありませんが、メッセージガードを添えるとより気持ちが伝わるお祝いギフトとなりますよ。