エンゲージリング・マリッジリングの購入時期と価格の相場

婚約・結婚指輪はいつ必要!?購入時期と金額の相場

婚約・結婚指輪の選び方を説明する人

二人の記念となる指輪の購入は、楽しみでもあるけれどいつのタイミングで購入すればよいのか悩んでしまいます。

 

それに、婚約指輪や結婚指輪はけっして安い買い物ではありませんので、指輪の相場やだいたいの目安を知りたいところです。

 

これからの2人の大切なものとなりますので、絶対に後悔しない指輪の選び方をしてくださいね。

 

ここでは、婚約指輪・結婚指輪の購入時期と、金額の相場についてまとめています。

 

 

スポンサーリンク


 

婚約指輪・結婚指輪の選び方

 

購入時期・タイミング

プロポーズしようと思っている時期や、結納、顔合わせの時期に間に合うように、婚約指輪の準備をします。婚約指輪を彼女に渡す日の、1ヵ月前には選び始めるようにしましょう。

 

また最近では、彼女と一緒に婚約指輪を選ぶカップルも少なくありません。婚約指輪の在庫の状況もありますし、指輪の刻印、サイズ調整などもあるでしょうから、早めの時期に購入準備を始めます。

 

結婚指輪の購入時期も、挙式の1ヵ月前までに準備を済ませておきたいですね。

 

結婚指輪は内側にイニシャルや日付、メッセージを刻印される方が多いので、余裕を持って購入するようにします。

 

婚約指輪と結婚指輪の価格の相場は?

婚約指輪の価格は、31.7万円が相場のようです。9割以上の人がダイヤを選んでいて、かたちや色にこだわる人もいるようです。

 

結婚指輪を購入する割合は98.1%といわれており、結婚するほとんどのカップルが購入しています。2012年、結婚指輪の2人合せた平均価格の相場は21万7000円でした。

 

毎年価格はこのくらいが相場ですが、男性に比べて女性の結婚指輪のほうが平均価格の相場は高いようです。

 

婚約指輪と結婚指輪の支払 割り勘ではだめなの?

結婚指輪は、男性が支払わなくといけないとゆうルールや決まりはありません。支払を割り勘するとゆうことは、お互いに指輪を贈り合うことになりますね。

 

入籍がすんで挙式までの間に結婚指輪を準備するのなら、二人は夫婦ですので割り勘とゆうより2人の家計からの支払となります。

 

婚約指輪は男性が女性への「結婚しよう」とゆう約束の証なので、男性が支払うのが一般的です。