職場の上司へ結婚報告するときのマナーとメッセージ文例・例文

上司への結婚報告 マナーとメッセージ文例/例文

結婚報告について解説する人

仕事上でお付き合いのある同僚や上司へ結婚報告をするときは、ハガキで伝える前にまずは直接上司に直接結婚報告をするようにしましょう。

 

上司が結婚する相手を知っている場合でも知らない場合でも、仕事をする上でのマナーとして結婚の報告は必ずおこない、会社のルールに従いましょう。

 

また、上司は、これからもお世話になる方ですから、丁寧に正確に伝えることを心掛けましょう。

 

 

 

職場への結婚報告は順番に気を付けて!

職場への結婚報告は、具体的にこれからどうするのかを明確にしてから伝えましょう。できれば挙式をする3ヶ月前までには、職場への結婚報告をすませるのが目安です。

 

伝える順番としては、まずは直属の上司がはじめです。仲がよい同僚なら先に結婚報告をしてもかまいませんが、やはり順番は上司⇒同僚となりますので、上司に伝えるまでは内密にしておいてくださいね。

 

その後の職場全体への報告は、上司の指示に従うようにしてください。

 

上司への結婚報告の伝え方・例文

披露宴に上司を招待したい場合

【文例1】
このたび、私ごとですが結婚することになりまして、課長にも結婚式にぜひご列席いただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

【文例2】
このたび、結婚することになりまして、挙式を○月○日に○○○ホテルで予定しております。課長にもぜひ列席いただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

披露宴に上司を招待しない・結婚式をしない場合

【文例1】
このたび、結婚することになりましたが、披露宴は親族だけですませます。わたくしごとですが、ご報告させていただきます。

 

【文例2】このたび、結婚することになりました。挙式は予定しておりませんが、○月○日に入籍いたします。わたくしごとですが、ご報告させていただきます。

 

 

結婚報告ハガキの文例・例文

 

文例1:結婚式をしない入籍のみの場合

謹啓 風薫る五月、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
日頃よりご指導ご鞭撻を賜わり、誠にありがとうございます。  
さて、私ども本田直也(新郎の名前)と田中千春(新婦の名前)は、5月○○日に入籍いたしましたので、ここに謹んでご報告申し上げます。
なにぶん未熟な二人ではございますが、互いに補い合って幸せな家庭を築いていく所存でございます。
今後とも変わらぬご教示と励ましを頂けますよう、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
まずは、取り急ぎ結婚のご報告申し上げます。

敬白

 

平成○年○月○日

本田直也

(田中)千春

 

文例2:結婚式をした後の場合

拝啓 春風の候、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
先日は、私どもの結婚披露宴にご出席いただきまして、誠にありがとうございました。また温かい激励のお言葉を頂戴いたし、心より御礼申し上げます。
これからは二人で助け合い、○○課長のご夫婦のような温かい家庭を築いていきたい思っております。
まだまだ未熟な二人ですが、今後とも変わらずご指導くださいますようお願い申し上げます。
季節の変わり目ですが、どうかご自愛くださいませ。
 まずはお礼のご挨拶まで。

敬具

 

平成○年○月○日

本田直也

  千春