婚約指輪・結婚指輪のルール!決まりとは!?

婚約指輪・結婚指輪のルールや決まりはあるの?

結婚指輪・婚約指輪の画像

婚約指輪や結婚指輪を選ぶときは、ルールや決まりごとについて確認しておきたいところですが、そのようなルールや決まり事はありません。

 

2人にとって長く大切にできる指輪であることが一番大事です。

 

2人が納得して選んだ指輪なら、どんな指輪でもいいのですよ。

 

ここではよくある婚約指輪や結婚指輪の疑問についてまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク


 

結婚・婚約指輪のよくあるQ&A

 

結婚指輪と婚約指輪は兼用してはだめなの?

婚約指輪に一粒のダイヤが輝いているようなデザインを選ぶ人は多いようですが、このようなデザインを結婚指輪にすることはおすすめできません。

 

きらきら画像

結婚指輪はたいていの人が毎日つけるものですので、邪魔にならないシンプルなものがいいのです。だけど特別な指輪だからものたりない!とゆう人には、エタニティリングやハーフエタニティリングがいいですね。

 

エタニティリングとは、指輪の周りを宝石が全周している指輪で、反周だけのものはハーフエタニティといいます。このエタニティリングなら、シンプルでも華やかで2人にとって特別な指輪になりますね。

 

結婚指輪はペアリングはだめなの?

2人が決めた指輪なら、ペアリングを結婚指輪にするのもいいでしょう。

 

結婚指輪とペアリングの違いは、ペアリングの方が価格はお手頃です。また素材にも違いがあります。結婚指輪として売られているものは、プラチナやゴールドの素材が多いです。ペアリングの素材は、基本的にシルバーが多いようです。

 

きらきら画像

シルバーは、長期間つけなかったり温泉にいったりすることで黒ずんできます。黒ずみはクリーナーで落とすことができますが、結婚指輪はだいたいの人が毎日つけるものですので、ペアリングの素材も気にしたいところですね。

 

また結婚指輪は、内側に結婚した日付や2人のイニシャル、メッセージなどが刻印できるようになっています。ペアリングを結婚指輪にするのなら、指輪の内側に刻印できるかどうか確認しておきたいところです。

 

2人が納得できる指輪を選ぶようにしましょう。

 

結婚指輪は2人とも同じデザインでなくてはダメ?

最近は結婚指輪のデザインは男女でペアじゃなく、女性だけ石付きのデザインにする人も多いようです。2人のデザインが違った結婚指輪でも、2人が納得したものであればかまいません。

 

指輪の内側の刻印をお揃いにしたり、2人の指輪をつなげることで刻んだメッセージがつながったり、結婚指輪は特別なのでこだわりたいところですね。

 

結婚指輪は外してはだめなの?

指輪になれない人は、結婚指輪を毎日付けない人もいるようです。

 

仕事上で指輪を付けてはだめ!と決まりがあるなら仕方ないですが、結婚した大抵の人は結婚指輪を毎日はめています。

 

きらきら画像

また、手を洗うときには指輪をはずしているの?とゆう疑問もありました。

 

毎日手を洗う回数は多いので、なくしてはいけないと外さないとゆう人が大半です。結婚指輪は外してはだめ!とゆう決まりはありません。