婚約指輪にお返しは必要?

婚約指輪・エンゲージリングをもらったらお返しは必要なの?

お返しについて悩む女性

結納のときに婚約指輪を記念品としていただいたら、お返しとして男性側に結婚記念品を贈るようにしましょう。

 

結納のお返しの品

 

第1位:品物
第2位:お返しはしていない
第3位:現金

 

結納で婚約指輪をいただいたとき、お返しをしていない方も結構いらっしゃいました。

 

ここでは婚約指輪をもらったときのお返しについて、みんなはどうしているのか調べてみましたので、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク


 

婚約指輪をもらったときのお返し

 

結納なしの場合

結納をするなら、結納返しとしてお返しの結婚記念品は必要ですが、結納をなしにするときでも、一般的にはお返しはするようです。

 

きらきら画像

お返しをされない人もいるようですが、「こちらもこれからよろしくお願いします」とゆう気持ちをこめて、お返しされるといいのではないでしょうか。

 

お返しを渡す場所は、結納をされる方は結納のときに取り交わしますが、結納をされない方は、ご両家の顔合わせの食事会のときなどに、お返しをするケースが多いようです。

 

婚約指輪のお返しの金額の相場

昔はよく「婚約指輪は給料の3ヵ月分」といわれていましたが、現在の婚約指輪の金額は20〜30万円が相場のようです。

 

きらきら画像

お返しの場合は反返しが目安となりますが、調査した結果一般的な金額の相場は「7〜15万未満」が20%「50万以上」が10%と平均金額は「22.7万円」が相場のようです。

 

婚約指輪のお返しは何を選ぶ?

 

腕時計をお返しされた方は50%、その他は洋服などが23%、パソコンなどの電化製品が9%となっているようです。雑誌などであらかじめ彼氏と下調べをして、2人で買いに行ったとゆう人もいました。

 

きらきら画像

時計は婚約指輪に比べて目立つものですから、彼の好みに合ったデザインを聞いてから、お返しされるといいかもしれませんね。