出産祝いが遅れたときのメッセージ文例・例文

出産祝いが遅れた・遅くなったときのメッセージの書き方

出産祝いが遅くなったときは、お祝いの品とは別に、はがきや手紙で遅くなったことへのお詫びを述べるようにしましょう。親しい方へ出産祝いを送るときでも、贈答品と一緒にカードや一筆箋にお詫びの言葉を添えるのではなく、はがきや手紙で伝えるようにした方が、相手に気持ちが伝わることでしょう。

 

時期を逃してしまった場合は、初誕生日祝いに兼ねて出産祝いを送るようにしましょう。

 

 

出産祝いが遅れときのはがき・手紙の文例

文例1:友人へ

○○○、元気な女の子をご出産とのこと、本当におめでとございます。
お祝いが遅くなってしまってごめんなさい。
産後の体の調子はどうですか?無理せず体を大切にしてくださいね。
気に入ってもらえるかわからないけれど、ベビー服を別便で送らさせてもらいました。
受け取ってくださいね。
赤ちゃんの健やかな成長と、○○○の家族みんなが幸せでありますように祈っています。
そして、赤ちゃんに会える日を楽しみにしています。

 

文例2:初誕生日と兼ねて

前略 ○○○さん、お変わりなくお過ごしでしょうか。
□□ちゃんの1歳のお誕生日おめでとうございます。
出産のお祝いが遅くなったこと許してね。失礼とは思いますが、1歳のお誕生日のお祝いと兼ねさせてくださいね。
初めての子育てで慣れないことも多いでしょうけれど、夫婦で助け合って頑張ってくださいね。
本日別便にて、心ばかりの品をお送りしましたのでご笑納ください。
ご家族のますますのご多幸をお祈り申し上げます。

かしこ

 

文例3:改まった方へ

拝啓 紅葉のみぎり、皆様にはお健やかにお過ごしのことと拝察いたしております。
 このたびは、かわいらしい女の子ご誕生とのこと、誠におめでとうございます。
すぐにお祝いを申し上げるべきところ、ご挨拶が遅くなりまして心苦しく思っております。お子様も奥様もご健全とうかがい、私どもも大変喜ばしく存じます。
 後日改めまして、お祝いの品をご自宅へお届けさせて頂きます。
 略式ではありますが、まずはご祝詞まで申し上げます。

敬具