内祝い・お返しの基本マナー

内祝いの画像

ここでは、内祝い(お返し)の基本的なマナーや、よく皆さんが疑問に思うことをまとめています。

内祝いとは!?

内祝いは、お祝いをもらった方へのお返し、というのが現代は定着していますが、本来はおめでたい日の喜びを、赤飯や紅白饅頭などの品物に代えて、お世話になった方に配るものでした。

お祝いをもらっていない方にも内祝いは配るものですが、今はお祝いのお返しというとらえ方が一般的なので、お祝いをもらっていない方から内祝いが届くと、「お祝いを催促されている!」と感じる方もいます。

地域によっては、今でも内祝いを配るところもありますが、内祝いはお祝いをもらった方へのお返しと考えるほうがよいかもしれません。

 内祝いがあるのなら、外祝いもあるの?
内祝いがあるんだったら、外祝いがあってもおかしくない!と思いますが、内祝いの 「内」というのは「家」のことを指します。

身内だけの祝い事だけど、みんなにも喜びをお裾分けします、という意味があるので外祝という言葉はありません。

兄弟や両親(身内)への内祝い・お返しはどうする!?

悩む主婦の画像

兄弟や両親など、身内からお祝いをもらうことがありますが、「お返しはお互いになし」「学生の場合はお返しはもらわない」など、家族で話し合って決めているところも多くあるようです。

身内からお祝いをもらったとき、「お返しは入らないからね!」といわれることも多く、甘えたいところですが、日頃の感謝をかたちにかえてお返しされると喜ばれることでしょう。このとき、お返しの金額にこだわる必要はないでしょう。

電報をもらったときのお返し

電報や祝電をもらったら、電話やお礼状で早めにお礼を伝えましょう。電報と一緒にお祝いをもらったのなら、お返しをするようにしますが、電報のみの場合、お返しをすることで相手に気を遣わせてしまうのでお礼を伝えるだけでよいでしょう。

内祝い・お返し金額の相場は!?

高額なお祝いをもらったり、お祝いの品物の金額がわからないとき、選ぶお返しの品物はいくらくらいがよいのだろう?と悩むことがあります。ここでは、内祝いやお返し金額の相場や目安をまとめています。

 内祝い・お返し金額の相場

こんなときいつまでに内祝い・お返しを送るの!?

遅れてお祝いをもらったり、タイミングが合わずまだお返ししていないという方など、いつまでに内祝いやお返しを送ればよいのか、悩むことがあります。ここでは、内祝いやお返しのこんなときどうする!?をまとめて解決しています。

 内祝い・お返しの時期

内祝い・お返しのよくあるQ&A

祝事が重なってお祝いをまとめてもらったり、お返しはいらないからといわれたり、こんなとき内祝いやお返しはどうしたらいいの!?と悩んでしまいます。ここでは、みんながよく悩む内祝いやお返しの疑問をまとめて解決しています。

 みんながよく悩む内祝い・お返しのQ&A

喜ばれる内祝い・お返しギフトの選び方!みんなの口コミ体験談!

喜ぶ女性もらうと嬉しいギフトは、年齢や生活スタイルによって違いがあるようです。内祝いやお返しは、まとめて選ぶ方が手間がかからず楽ですが、一人一人に合うギフトの選び方をすると、もらった相手も喜んでくれることでしょう。

 もらって嬉しかった内祝い・お返しギフトの口コミ!

喜ぶ女性内祝いやお返しギフトは、色や柄、デザインなどによっては、趣味に合わずもらっても困ってしまうものとなるようです。定番のギフトを選ぶときでも、どんな方にも合うような、シンプルな物を選ぶほうがよいですね。

 もらうと困る!?こんな内祝いやお返しはどうするの!

喜ぶ夫婦内祝いやお返しをもらったとき、うっかりして気づいたら期限が切れていた!なんてことありますよね。内祝いやお返しギフトを選ぶときは、できるだけ期限の長いものを選ぶ方が、受け取った側も助かるし、贈る側も安心できますね。

 日持ちするおすすめの内祝い・お返しギフト!

喜ぶ男性消耗品は内祝いやお返しギフトの定番ですが、どんなものがいくつあっても困らず邪魔にならないものなのでしょう。消耗品でも、家族構成や生活スタイルによっては、もらっても困るものとなるようですね。

 いくつあってもうれしい!邪魔にならないもの!

喜ぶ同僚仲良しの友達グループや職場の同僚から、連名でまとめてお祝いをもらうことがあります。お祝いもそれぞれにすると少額だけど、祝ってあげたいという相手の温かな気持ちなので、お返しも一人頭少額になりますが、きちんとお渡しするようにしましょう。

 お祝いをまとめてもらったときのお返しはどうする!?

悩む男性石鹸、洗剤、タオルなど、消耗品は内祝いやお返しの定番ですが、もらった方にとったらうれしいものなのでしょうか。定番の内祝いやお返しを贈るのもよいですが、相手の年齢や生活スタイルを考えて、選び方には注意必要となるようです。

 定番の内祝い・お返しでももらうと嬉しい!?