頭語と結語の関係【文章の書き出しと締めの言葉】

頭語と結語の関係【文章の出だしと終わり】

頭語と結語は組み合わせて用いますが、こんにちはとさようならのように、挨拶の意味があります。手紙やはがきを出す相手によって、使う頭語・結語の組み合わせは変わります。

 

ここでは、送るあいてに失礼のない頭語と結語の組み合わせ方を紹介します。

 

 

頭語と結語の使い方・組み合わせ

※かしこは女性が用いる結語です。またかしこを用いる場合は、頭語はつかいません。

 

一般的な場合

【頭語】 拝啓 拝呈 啓上  
【結語】 敬具 敬白 拝具

 

【頭語】 一筆申し上げます
【結語】 敬具 かしこ

 

改まった場合

【頭語】 謹啓 恭啓 粛啓 謹白 謹呈
【結語】 敬具 謹言 謹白 頓首 敬白

 

【頭語】 謹んで申し上げます
【結語】 敬具 かしこ

 

緊急の場合

【頭語】 急啓 急呈 急白
【結語】 早々 敬具 拝具 草々 不一

 

【頭語】 とり急ぎ申し上げます
【結語】 ごめんくださいませ

 

初めて出す場合

【頭語】 拝啓 啓白 拝白
【結語】 敬具 敬白 拝具

 

【頭語】 初めてお手紙を差し上げます
【結語】 敬具 かしこ

 

返信する場合

【頭語】 拝復 復啓 謹復
【結語】 敬具 敬白 拝具 拝答

 

【頭語】 お手紙拝見しました
【結語】 お返事まで かしこ

 

再信する場合

【頭語】 再啓 再呈 追啓
【結語】 敬具 敬白 拝具 再拝

 

【頭語】 重ねて申し上げます
【結語】 ごめんくださいませ

 

省略する場合

【頭語】 前略 冠省 略啓
【結語】 敬具 敬白 拝具

 

【頭語】 前文失礼いたします   
     前文お許し下さい
     前略ごめんください
【結語】かしこ