葉書(はがき)の表書き

はがきの書き方の見本【縦書き・横書きの正しい表書き】

はがきは第三者に内容を読まれてもかまわないときや、用件を簡潔に伝えるときに使用します。目上の方や改まった方の場合、基本的には手紙を使用するのがマナーです。

 

ですが、後で会う場合や贈答品の御礼の時などは、改まった場合でもはがきを用いてもかまいません。縦書きでも横書きでもはがきを書くことはできますが、伝える相手や状況に応じて、はがきと手紙の使い分けしましょう。

 

 

はがきの表書きの見本・縦書き

はがきの表書き

 

 

宛先の書き方

同じ県内に住んでいる方へはがきを送るときは、都道府県を省略してもかまいませんが、県外へはがきを送るときは都道府県から書くようにします。また、番地の途中から改行することはいけません。

 

2列に住所を書くとき2列目は少し文字を下げて書きます。縦書きの場合の数字は「漢数字」を用いますが、縦書きの場合でも部屋番号などはわかりずらいので、算用数字を用いてもかまいません。

 

 

宛名(名前)の書き方

宛名(名前)は、住所よりも1文字下げてはがきの中央に大きく書きます。住所と名前の間を少しとるとバランスがよいでしょう。

 

差出人の住所と名前

住所は切手の右横の延長線上に揃えるようにします。住所が1列で書けないときは2列で書くようにしますが、2列目は少し下げて書きます。名前は、住所よりも下げて少し大きい文字で書くようにしましょう。

 

 

はがきの表書きの見本・横書き

はがきの表書き・横書き

 

宛先の書き方

切手の5oくらい下から住所は書き始めるようにしましょう。住所を改行するときは、「東京都」「足立区」「1234-4」というように区切るようにします。番地の途中などで改行してはいけません。番地の数字は算用数字を用いるようにしましょう。

 

宛名(名前)の書き方

氏名は住所の1行目の始めに揃えて大きく書くようにしましょう。連名で名前を書くときは、それぞれの名前に敬称を書くようにします。

 

差出人の住所と名前

郵便番号枠の右に収まるように書きます。名前は住所よりも下げて、大きい文字で書くようにしましょう。

 

 

差出人の名前ははがきの表面に書くのが一般的ですが、裏面に書いてもマナー違反にはなりません。

 

 

敬称の使い分け

敬称の中でも一般的に使用されるもので、上司や目上の方、改まった方へはがきや手紙を出すときにも使用されます。

例:本田 直也 様

殿 公用文では個人名で用いられることもありますが、一般的には宛名が役職名のときに使用します。

例:株式会社 本田建託 業務課長 殿

御中 個人名ではなく会社や学校など、全体にはがきや手紙を出すときに用います。会社の個人へ宛てるときは会社名に敬称はいりません。

例:株式会社 本田建託 御中

 

例:株式会社 本田建託
  営業課長 本田 直也 様