封筒の表書き・裏書き【縦書き・横書きの基本】

手紙の書き方の見本【封筒の正しい横書き・縦書きの基本】

手紙を書く基本のマナーとして、目上の方や上司へ改まった手紙を書くときは、封筒は縦書きで宛名を書くようにします。そして、封筒を締めるとき、右封じになるようにしましょう。。

 

左封じは弔事の手紙のときに使用するので、お祝いの手紙を送るときには失礼にあたります。また、セロハンテープやホッチキスで封筒を封印するのは、マナー違反となるので注意しましょう。

 

 

封筒の表書き

 

和封筒の書き方

和封筒で一般的に使用されているものは長形4号サイズで、便箋を三つ折りしたり四つ折りしても、きれいにおさまるサイズです。また、和封筒には一重のものや二重のものなど、さまざまな種類がありますが、状況によって使い方に気を付けなくてはいけません。

 

二重の封筒は「不幸が重なる」という意味にとれますので、お見舞いのときや弔事には不向きです。慶事では「幸せが重なる」という意味にとれますので、二重封筒を使用してもかまいません。

 

縦書きの封筒

 

表書き【縦書き】

住所は少し右側に余白をとってできるだけ1行で書くようにしますが、2列になる場合は2列目を少し下げて書くようにします。縦書きで住所を書くとき、番地は漢数字で書くようにしましょう。マンション名は漢数字ではわかりにくいこともあるので、算用数字を使用してもかまいません。

 

宛名を書くときは、住所よりも一文字下げて真ん中に大きく書きます。名前の右横に社名や部署名を入れるときは、鰍ニいうように省略して書いてはいけません。

 

封筒の裏書き・とじ方

差出人の住所は、封筒の左側に納まるように書きます。相手の手間を省くためにも、郵便番号は必ず記載するようにしてください。そして、氏名は住所よりも下げて書き、少し大きな文字で名前をかきましょう。

 

封筒をのり付けし、「〆」「封」と書くようにします。お祝いのときは「寿」「賀」と書き込むとよいでしょう。

 

手紙を送る日付は、封筒裏の左上に入れます。

 

 

洋封筒の書き方

洋封筒は見た目カジュアルな感じがしますが、挨拶状や案内状などによく使用されます。改まっときや目上、上司宛てに送っても失礼になることはありません。

 

しかし、封じ目によって慶事、弔事と状況が変わるので注意が必要です。洋封筒は写真やカードを入れやすいので、状況に応じて使い分けましょう。

 

横書きの封筒

 

表書き【横書き】

郵便番号欄がないとき、郵便マーク「〒」は書かないようにして、番号だけを書くようにします。切手は洋封筒の場合、右上に貼るように郵便局では指定されています。

 

住所は封筒の中央よりも上の場所に書くようにします。2列になるときは、2列目を少し下げて書きましょう。宛名は、真ん中に住所よりも大きい文字で書くようにします。

 

裏書き【横書き】・とじ方

日付は住所よりも小さい文字で書きます。表書きと同様、〒マークは書かないで番号だけを書くようにします。住所が1列で書けないときは2列になるように書きますが、番地の途中などで改行しないように気を付けましょう。

 

差出人の名前は、封筒の1/3下に住所よりも少し大きな文字で書くようにします。洋封筒の場合、「〆」などを書く必要はありません。

 

・番地の途中で改行しないように注意しましょう。
・宛名を連名で出す時とき、それぞれに敬称を書くようにしましょう。
・洋封筒を縦書きするときは、封筒のとじ方に注意しましょう。