出産報告のはがき・手紙の書き方

出産報告マナー【はがき・手紙の書き方と文例・例文】

出産報告する人

出産報告のはがきや手紙を書くときは、相手がどんな状況であるかを考えて、思いやりのある言葉で伝えるようにしましょう。

 

赤ちゃんが生まれ、家族が増えたことはとてもうれしいことですが、子供のいない方へ出産報告をするときは、はしゃいだ文章にならないように注意が必要です。

 

報告をするはがきでは、伝えたい内容を記すことが大切なので、喜びは控えるようにしましょう。

 

最近ではプリントされたはがきで報告をする方も多いので、手書きのメッセージを一言添えて温かな出産報告のはがきをおくりましょう。

 

 

はがきで伝える?手紙で伝える?

出産報告は、はがきでほとんどの場合は大丈夫ですが、目上の方や上司へ出すときは封書の方がおすすめです。

 

また、親しい友人の場合でも、はがきに書ききれないときは手紙で出すとよいでしょう。あまり親しくない方へは、出産報告のはがきはださなくてもかまいません。

 

報告を受けた相手が、「お祝いをしないといけない」と気を使ってしまうかもしれません。

 

ですがどうしても伝えたいときは、暑中見舞いや年賀状などと兼ねて報告するとよいでしょう。

 

出産報告のはがき・手紙を出す時期

はがきや手紙を出す時期は、赤ちゃんが生まれてから半月頃がよいでしょう。体調がすぐれないときやばたばたしているときは、無理をして書く必要はないので、落ち着てから報告ハガキを出すようにしてくださいね。

 

文章を書くポイント

  • はがきで出産報告するときは、「赤ちゃんが生まれました!」「はじめてましてのごあいさつ」など、タイトルを付けるとよいでしょう。ですが、上司や目上の方には、頭語や結語を使ってきちんとした文章ではがきをかきましょう。
  •  

  • 赤ちゃんの性別や名前、誕生日など、伝えたいことを正確に書きましょう。
  •  

  • 赤ちゃんの様子を伝えるようにしましょう。
  •  

  • 親しい友達には喜びを素直に表現するようにし、かしこまった文面は必要ありません。
  •  

  • これからもお付き合いをお願いするようにしましょう。

 

出産報告の文例

文例:上司への出産報告

拝啓 秋冷の候、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
さて、このたび○月○日、待望の第一子が誕生いたしました。一歩一歩、自分の足で頑張って歩いてほしいと思い、歩(あゆむ)と名付けました。
おかげさまで、産後の肥立ちもよく、母子ともに体調も良好ですのでご安心ください。
これからは夫婦二人で力を合わせ、息子とともに成長していきたい所存でございますので、今後もご指導くださいますようお願い申し上げます。
略式ながら書中にてご報告申し上げます。

敬具

文例:友達への出産報告

☆赤ちゃんが生まれました☆
○月○日、我が家に新しい家族が生まれました。名前は歩です。
初めての子育てに戸惑いながら、毎日を楽しく過ごしています。先輩ママの○○助けを借りることもあるかもしれないけれど、そのときはどうぞよろしくお願いします。
落ち着いたら歩と一緒に遊びに行かせてくださいね。