みんながよく悩む内祝い・お返しのQ&A

解説する男性の画像

内祝いやお返しを贈るとき、みなさんがよく悩むことをまとめて解決しました!

お返しや内祝いがちゃんと届いたか心配!

 今頃は、内祝いはお返しというとらえ方が一般的なので、内祝いに対してお礼状やお礼の連絡は必要ないと思う方もいるようです。

考え方はそれぞれ違いますので、内祝いやお返しが無事に相手に届いたか確認したいなら、お届けサービスや追跡サービスを利用しましょう。

お返しだとしても、手間をとらせたことには変わりないので、そのことへのお礼や荷物が届いたことを、先方へお知らせするよう配慮はしたいものです。その方が、お互いに気持ちがよいですね。

お返しや内祝いに「何が欲しい?」と聞くのは失礼!?

 相手の欲しいものをお返ししたほうが、必ず使ってもらえますが、「何が欲しい?」と聞かれたほうは、遠慮してしまいますよね。

カタログギフトは、子供のおもちゃや雑貨、キチン用品や食品など、たくさんの中から選ぶことができるので、内祝いやお返し選びに困ったら、カタログギフトがおすすめです!

結婚祝いと出産祝いを同時にもらったらお返しはどうする!?

 結婚祝いと出産祝いを別々にもらったのなら、内祝いも別々に用意するほうがよいでしょう。結婚内祝いは「夫婦連名」で贈り、出産内祝いは「赤ちゃんの名前」で贈ります。

まとめてお祝いをもらったときは、「内祝」としてお返しされるとよいでしょう。そのとき、熨斗の名前は「夫婦連名」にし、お礼状やメッセージカードに、「赤ちゃんの名前・性別・様子など」を書いて、無事に出産し家族が増えたことを報告しましょう。

お祝いをくれた友達が結婚!お返しとお祝いをまとめて贈りたい!

 出産祝いをくれた友達が結婚し、お返しの時期とお祝いの時期が同時になった、ということがあります。

まとめてお祝いとお返しを贈ったほうが、手間がかからず一度で済むし、高価なものが贈れるので、その方がよいのでは?と思いますが、お祝いと内祝いでは意味が異なるし、それぞれの気持ちも違います。

出産内祝いは、赤ちゃんを披露する場でもあり、熨斗の名前が赤ちゃんの名前になりますから、結婚祝いとまとめることはできません。

出産内祝いと結婚祝いをそれぞれ準備して、お渡しするときは同時でよいでしょう。

「お返しはいらないから」といわれたらどうする?

 もらったお祝いが少額のとき、お返しすることで逆に相手が気を遣うことがあります。そんなときは、食事をご馳走したり、自宅に伺うときに手土産としてお渡ししたり、お返しはさりげなくするのがよいでしょう。

両親からのお祝いでは、「お返しはいらないから」といわれることも多いですね。身内なので甘えるのもよいですが、これまでの感謝を伝えるためにも、手土産を買って遊びに行ったり、食事をご馳走したり、お返し金額にこだわらず何か御礼をすると、両親も喜ぶでしょう。

上司や親戚などから「お返しはいらないから」といわれたら、職場の方や両親、まわりの方に相談してみてくださいね。

会社や団体から祝い金をもらったときのお返しはどうする?

 会社よって慶弔見舞金制があるところもあります。祝い金がその制度によって出たものなら、お返しの必要はないですが、社長個人や、同僚、有志一同、グループなどからもらったものなら、お返しは必要です。

お祝いをもらっていないけど内祝を贈りたい!

 本来は、喜びを皆さんにもお裾分けしたいという意味で、お祝いをもらっていない方にも内祝いを配ってお祝いしていましたが、今は内祝いといえば、お返しととらえるのが一般的です。

地域によっては赤飯や紅白万頭など、今も内祝いとして配るところもありますが、お祝いをあげていないのに内祝いが届いたら、「お祝いを催促しているの!?」とビックリする方もいます。

出産などでお世話になったり、職場で迷惑をかけてた方へ、御礼として内祝いを贈りたいときは、表書きを「お礼」にしたり、熨斗を付けないでお渡しされたほうがよいでしょう。

お礼を留守番で伝えるのはマナー違反!?

 相手が不在で留守電になったとき、無言で電話をきるのはよくないですから、用件を簡潔に伝え、「また改めさせていただきます。」と留守番電話に残しましょう。

相手に直接お礼を伝えるほうが、誠意が伝わりますから、時間をおいて折り返し連絡するようにしましょう。留守電で用件を済ませるのは、失礼だと感じる方はやはり多いみたいですね。

改まった方でも親しい関係なら、電話でお礼を伝えただけでもよいですが、改めてお礼状を出すほうが丁寧です。

電話をすればお礼状は必要ない?

 両親や祖父母、兄弟などの身内や、仲のよい友達や同僚には、電話でお礼を伝えるほうが、声も聞けるし近況報告ができ話も弾むでしょう。

親しい相手には、お礼状は特に必要ないですが、遠方に住んでいて近況がわからないときは、お礼状をだすほうが相手に負担をかけずに済むので、はがきや手紙を出しましょう。

上司や目上の方の改まった場合は、お礼状を出すほうが丁寧です。

電報のみもらったとき、お返しは必要なの?

 結婚式などで出席できない方から、電報のみをもらうことがあります。こんなとき、内祝いを贈ることで、逆に相手に気を遣わせてしまうので、お礼状を出すことが適しています。

親しい関係の方なら、お礼を電話で伝えてもよいでしょう。電報と一緒にお祝いが届いたら、お返しはするようにしましょう。

スポンサーリンク