結婚式の招待状 はがきを返信するときの裏側の書き方例

招待状の返信はがきの裏面 返信を出すときの書き方とメッセージ

結婚式招待状の返信はがき

 

結婚式の招待状の返事を出すときは、「二本線」や「寿」で敬語となる「御」「御芳」を消してから返信するようにします。

 

また、家族や夫婦で結婚式に招待されたとき、返信はがきの氏名欄には必ず出席する全員の名前を書くようにします。子供であっても、出席するなら必ず名前を書きます。

 

夫婦のどちらかが欠席する場合などは、返信はがきに出席できないお詫びのメッセージと祝福のメッセージを書くようにします。

 

スポンサーリンク


 

 

はがきを返信するときのメッセージの書き方

返信はがきの裏側にメッセージ欄がない場合でも、お祝いの気持ちをはがきに書くようにします。

 

縦書きのはがきでも横書きのはがきでも、2人を祝福するメッセージや、招待してくれた感謝の気持ちをメッセージににして書き添えると、喜んでいただける返信はがきになります。

 

結婚式に出席するときの返信はがきの書き方

 

 

出席するときは、出席の文字を○で囲んで「御」を消します。
御住所・御芳名も敬語となる「御」「御芳」の文字も消します。

 

家族全員参加のときは、一人づつ名前を書くようにします。招待状の返信はがきは、席次表などを作るときにも利用し漢字の確認をしますので、○人と書いてはいけません。 

 

余白の部分に祝福のメッセージを書きます。

 

出席の返事:メッセージ例文/文例

 

 

結婚式に代理で出席するときの返信はがきの書き方

結婚式招待状の返信はがき

 

結婚式に代理を立てるときは、返信はがきを出す前に必ず、先方に代理出席でも構わないかということを確認します。

 

先方がそれで構わないというときは、招待状の返信はがきには出席の場合と同じような書き方をします。

 

このとき、はっきりとした欠席理由は必要ありません。

 

 

 

 

 

結婚式に欠席するときの返信はがきの書き方

結婚式招待状の返信はがき

 

欠席するときも、出席のときと返信はがきの書き方は同じです。

 

お祝いのメッセージは、欠席の場合でもはがきに書くようにします。

 

このとき欠席理由を書くことで、「出席したかったのですが」とゆう気持ちが新郎新婦に伝わります。

 

また、出席できないときは祝電でお祝いを伝えましょう。

 

欠席のときには、こうした心づかいが必要です。

 

欠席の返事:メッセージ例文/文例

 

 

スポンサーリンク