結婚式の招待状の返信【はがきの返事の書き方・消し方】

結婚式の招待状の返信 返事を出すときのはがきの書き方マナー

結婚式の招待状の返信はがきは、毛筆か万年筆での書き方が基本となります。

 

使い慣れない毛筆などを使ってはがきを書くと、文字のバランスがとれなかったり上手く書くことが難しいですよね。そんなときは、普段使っているボールペンで返事を書いてもいいでしょう。

 

しかし、このときのボールペンのインクの色は、必ず「黒」を使って書くようにします。紺色やグレーのインクはマナー違反となります。

 

 

スポンサーリンク


 

招待状の返事 返信はがきの文字・消し方と書き方 

やじるし画像 縦書きのはがき・横書きはがきの書き方例

 

 

招待状の返信はがきの表面・裏面の書き方

返信はがきの宛名面が、初めから「○○ ○○様」となっていれば、書き直す必要はなくそのままでかまいません。

 

宛名面が「○○ ○○行」や「宛」となっているときには、敬称を「様」に書き直します。「様」に書き直すとき、「行」や「宛」を二本線で消した、左右のどちらの位置に書き直してもよいみたいです。

 

また、はがき裏面の御出席・御欠席・御芳名などの文字も、「御」「御芳」の敬語となる文字を消し、「出席」「欠席」「名」に書き直します

 

 

招待状の返信はがきの表面・裏面の文字の消し方

文字の消し方の基本は、「縦の二本線」「斜めの二本線」が一般的です。

 

しかし、二本線は文字を切ったようにみえるため、「縁を切る」というように縁起が悪いという人もおり、結婚式の招待状に限り二本線の訂正の代わりに、「寿」を使った文字の消し方をする方法もあります。

 

寿で文字を消すときは、「黒色」でも「朱色」でもかまわないようですが、黒色で「寿」を書くときは、文字を黒く塗りつぶしたように見えないよう、「寿」をはっきりと書くように注意しましょう。

 

また、「寿」を使いすぎでは?少しくどいかな?という場合には1文字だけ「寿」で文字を消し、後の訂正文字は二本線を使うとゆう消し方もあるようです。

 

招待状の返信は、縦書きのはがきでも横書きのはがきでも、書き方や消し方は同じになります。

 

 

修正液や修正テープで間違いを消すのはかまわないの?

文字を書き間違えてしまったら、返信はがきと同じように二本線で消すのか、修正テープや修正液で消すのか、どうすればいいの?という疑問が多くありました。

 

二本線で消すのもよいかもしれませんが、二本線のかわりに寿と書いて訂正してはいかがでしょう。また、ボールペン用の消しゴムを使用する方法もありますが、強くこすらないように注意が必要です。

 

修正テープや修正液は、用紙の素材によっては目立ってしまったり、にじんでしまうことがあります。

 

主催者とお付き合いの程度にもよりますが、親しい間柄であれば一言お詫びの連絡をするとよいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク