はがきは誰に出す?出さない?

結婚報告のはがき(挨拶状)は誰に出す!?出さないとマナー違反!?

結婚報告のはがきを出さないことは、マナー違反ではありませんが、後から結婚したことを知るよりも、結婚報告を先に受ける方が嬉しいものですね。

 

日頃からお世話になっている方との、今後のお付き合いのこと考えると、報告のはがきを出さないとしても、結婚したことをちゃんとお知らせすることが大切です。

 

結婚報告のはがきは誰に出すのか、また結婚式を挙げていないときもはがきを出すのか、結婚報告はがきのマナーや、メッセージの書き方と文例・例文を紹介します。

 

スポンサーリンク


 

結婚報告の挨拶状 こんなとき、はがきを出す?

結婚式・結婚披露宴をしていない

結婚報告の挨拶状、はがきをだす意味は、お世話になった人へ結婚の報告と名前や住所変更などをお知らせすることです。

 

結婚式や披露宴をされていない方も、これから夫婦2人で頑張っていくことや幸せになること、今後のお付き合いをお願いするはがきを出すことで、相手にも気持が伝わります。

 

結婚式・披露宴に出席していただいた人

結婚式や披露宴に参列していただいた方へ、結婚報告のはがきを出さなくても失礼にはなりませんが、あらためてはがきを出すことで感謝の気持ちを伝えましょう。

 

テーブルでの写真や、記念撮影の写真入りはがきをコーデして、お礼や喜びをメッセージにすると喜ばれる結婚報告となります。

 

面識のない親戚など

両親がお世話になっている人・関わりのない親戚にも挨拶状をだすことで、日頃の感謝や今後のお付き合いをお願いできます。

 

結婚式に参列していただいた親戚などには、結婚式のお礼のメッセージを一言添えるだけで気持ちが伝わります。両親と相談して、結婚報告のはがきを出すようにするといいかもしれませんね。

 

結婚内祝いを贈る相手

内祝いの品と一緒に、結婚報告を兼ねたお礼状を添えるといいですね。結婚報告のはがきは、内祝いの後でも先でも問題はないと思いますが、内祝いをした後にはがきをだすと「また?」と相手が思ってしまうこともあります。

 

改めて結婚報告を出すのであれば、暑中見舞いや年賀状と兼ねたはがきを出すとよいでしょう。