婚約指輪・結婚指輪の刻印メッセージ

婚約指輪・結婚指輪に刻む2人だけの特別なメッセージ

結婚する夫婦の画像

大切な人とともに歩むこれからの人生。

 

どんなときも二人で支え合い、手を取り合い助けあっていくとゆう、2人の永遠に変わらぬ愛と絆をかたちに残す婚約指輪や結婚指輪は、これから2人の結婚生活においてとても大切なものです。

 

2人にとって特別となる婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)に二人の思いを詰め込み、これからの新しい人生をスタートしましょう。

 

婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)に刻印するとき、指輪の内側に刻むメッセージには文字数に制限があります。マリッジリングよりエンゲージリングの方が文字数が少なくなるようです。必ず購入前に確認するようにします。

 

ここでは、婚約指輪・結婚指輪の内側に刻むメッセージの文例・例文と結婚指輪の基礎知識について説明します。


婚約・結婚指輪の刻印記事一覧

メッセージ英語フランス語愛LoveAmour永遠EternityEternite信頼Reliance Confiance誠実FaithfulnessFidelite幸福HappinessBonheur親愛なるDear L'affection devient 愛をこめてPut love. Avec amour永遠の愛Eternal loveAmour eternel 真実の愛True love Vr...

メッセージドイツ語スペイン語愛LiebeAmor永遠EwigkeitEternidad信頼VertrauenConfianza誠実TreueFidelidad幸福GluckFelicidad親愛なるZuneigung wirdEl afecto se vuelve愛をこめてMit LiebeCon amor永遠の愛Ewige LiebeAmor eterno真実の愛Wahre LiebeVerda...

2人にとって、特別でとても大切なブライダルリング。指輪の内側に、日付もイニシャルもメッセージも刻みたい!今の気持ちを思いっきり詰め込みたいですよね。しかし婚約指輪や結婚指輪の刻印は、内側に刻む文字数が限られています。指輪に刻みきれないメッセージを詰め込むためには、宝石を指輪の内側に埋める方法があります。宝石は種類や色によって、さまざまな意味を持ちます。ホワイトダイヤモンドは「永遠」「純粋」「無垢」...

指輪の始まりには、古代ギリシャ伝説から伝えられたといわれています。天上界の燃える火をプロメテウスが盗み、逃げようとしたところを神に見つけられ、3年間のあいだ刑罰として岩につながれました。ようやく神の怒りがおさまり解放されたとき、岩片を結びつけた鉄の輪を指にはめたことから、指輪とゆうものが生まれたといわれています。結婚指輪の始まりは、9世紀のローマから始まったといわれています。1027年のローマの記...

二人の特別な指輪の内側に刻む刻印は、イニシャル・日付のどっちが正解なの?と疑問に思われる方もいます。婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)の内側には、2人の記念日やメッセージを刻印することができます。婚約指輪(エンゲージリング)の刻印は、二人の記念日を刻むことが多いようです。「太郎さん」が「花子さん」にプロポーズした日が、2013年4月20日なら「2013.4.20」「’13.4...

結婚指輪(マリッジリング)をはめる指は、皆さんもご存知かと思いますが「左手の薬指」ですが、婚約指輪(エンゲージリング)をはめる指はどっち?といわれたら、どっちだったかな?とゆう人も多かったようです。婚約指輪も結婚指輪も、はめる指は「左手の薬指」と決まっているのですよ♪「左手の薬指」に指輪をはめる理由には、ちゃんとした意味があるのです。婚約指輪・結婚指輪を左手の薬指にはめる理由!感情の中心は心臓の中...

婚約指輪(エンゲージリング)とは、「結婚しよう」とゆう女性への約束の証で、プロポーズのときに男性が女性へ贈る指輪です。なかでもダイヤモンドは、定番の婚約指輪となっているようです。ダイヤモンドは宝石の中でも固いといわれ、傷つくことなく永遠に輝き続けることから、「永遠に愛が続く」とゆう意味を込めて、婚約指輪(エンゲージリング)としてダイヤモンドの指輪を選ばれる方が多いようです。婚約指輪は絶対に、ダイヤ...

婚約指輪や結婚指輪を選ぶときは、ルールや決まりごとについて確認しておきたいところですが、そのようなルールや決まり事はありません。2人にとって長く大切にできる指輪であることが一番大事です。2人が納得して選んだ指輪なら、どんな指輪でもいいのですよ。ここではよくある婚約指輪や結婚指輪の疑問についてまとめてみましたので、参考になれば幸いです。結婚・婚約指輪のよくあるQ&A結婚指輪と婚約指輪は兼用してはだめ...

二人の記念となる指輪の購入は、楽しみでもあるけれどいつのタイミングで購入すればよいのか悩んでしまいます。それに、婚約指輪や結婚指輪はけっして安い買い物ではありませんので、指輪の相場やだいたいの目安を知りたいところです。これからの2人の大切なものとなりますので、絶対に後悔しない指輪の選び方をしてくださいね。ここでは、婚約指輪・結婚指輪の購入時期と、金額の相場についてまとめています。婚約指輪・結婚指輪...

婚約指輪はダイヤモンドじゃないといけない!なんてことはありません。ダイヤモンドは宝石の中でも固く、永遠に輝き続けることから「永遠に変わらぬ愛」とゆう意味で、婚約指輪としては定番の宝石です。ですが、彼女の誕生石を婚約指輪として選ばれる方もいます。特別な日にリングを付けるのか普段から付けておくのか、彼女の指輪を付ける情況によって、婚約指輪のデザインを選ふようにすると良いです。結婚指輪はプラチナが定番で...

性別:女性 / 年齢:20代私の誕生日の日に、家のポストにバースデー絵本が入っていました。嬉しくてさっそく絵本を読んでいたら、一番最後のページに彼からのメッセージと婚約指輪が張り付けてありました。とてもかわいい彼からのサプライズで、とても嬉しかったです。性別:女性 / 年齢:20代彼と結婚指輪を一緒に買いに行きました。旅行に彼と行くことになっていたのですが、天候が悪く飛行機がとばないため中止となり...

結納は、地域によってしきたりに違いがあります。関東の方では比較的質素で、新郎側も新婦側も結納の品は同じくらいでお互いに結納を交わします。関西の方では結納品は、新郎から新婦に納めるのが一般的で結納品は豪華に飾られます。男性側は結納の際に、女性側の家族に結納品や結婚記念品を贈ります。食事会だけの顔合わせなら結納品は必要ありませんが、結納品や結婚記念品の準備は1か月前に余裕をもって準備をしましょう。婚約...

結納のときに婚約指輪を記念品としていただいたら、お返しとして男性側に結婚記念品を贈るようにしましょう。結納のお返しの品第1位:品物第2位:お返しはしていない第3位:現金結納で婚約指輪をいただいたとき、お返しをしていない方も結構いらっしゃいました。ここでは婚約指輪をもらったときのお返しについて、みんなはどうしているのか調べてみましたので、参考にしてくださいね。婚約指輪をもらったときのお返し結納なしの...

婚約指輪や結婚指輪をつけるタイミングがわからず、いつつけるの?と疑問に思っている人も多いです。みんなはいつぐらいの時期から指輪をしているのでしょうか。指輪をはめるタイミングや時期について調査してみました。婚約指輪は普段も付けています。傷が付いたらもったいないとつけずにいたら、先輩に「もったいない!!宝の持ち腐れ」といわれ、それから毎日付けています。結婚式が終わったらマリッジリングを毎日つけて、出か...

仕事上でお付き合いのある同僚や上司へ結婚報告をするときは、ハガキで伝える前にまずは直接上司に直接結婚報告をするようにしましょう。上司が結婚する相手を知っている場合でも知らない場合でも、仕事をする上でのマナーとして結婚の報告は必ずおこない、会社のルールに従いましょう。また、上司は、これからもお世話になる方ですから、丁寧に正確に伝えることを心掛けましょう。職場への結婚報告は順番に気を付けて!職場への結...