婚約指輪と結婚指輪は何が違いとは!

エンゲージリングとマリッジリングの違いとは!?

婚約指輪(エンゲージリング)とは、「結婚しよう」とゆう女性への約束の証で、プロポーズのときに男性が女性へ贈る指輪です。

 

なかでもダイヤモンドは、定番の婚約指輪となっているようです。

 

ダイヤモンドは宝石の中でも固いといわれ、傷つくことなく永遠に輝き続けることから、「永遠に愛が続く」とゆう意味を込めて、婚約指輪(エンゲージリング)としてダイヤモンドの指輪を選ばれる方が多いようです。

 

 

婚約指輪は絶対に、ダイヤモンドじゃなきゃダメ!ってことはありません。こによっては、誕生石や真珠などの指輪を選ぶ人もいるようです。婚約指輪とは、婚約した記念に男性から女性へと贈るものです。

また結婚指輪(マリッジリング)は、二人が夫婦となったときに付ける指輪です。

 

女性だけが付ける婚約指輪とは違い、結婚指輪は2人で付けるものです。

 

結婚指輪はたいていの人が毎日つけているものなので、シンプルなデザインを選ぶ人が多いようです。

 

また、指輪の値段にも、一般的に違いがあるようです。婚約指輪よりも結婚指輪のほうが手頃な値段で、10万円くらいとなっているようです。

 

 

 

スポンサーリンク