出産祝い・内祝いに送るはがき・手紙の書き方文例

出産内祝い(お返し)に添える一筆箋・カードの文例集

一筆箋やカードを添えて贈答品を送れる相手は、親しい関係の方だけです。上司や改まった方の場合には失礼となりますので、使用しないようにしましょう。

 

一筆箋を用いるときは、2枚以内に用件をまとめるようにします。一筆箋やカードを用いるときは、簡潔に伝えたい内容をはっきり述べましょう。

 

 

出産内祝いの文章構成【一筆箋・カードの例文集】

  1. 感謝やお礼の言葉
  2. 品物についての説明や近況報告
  3. 相手を気遣う言葉
  4. 日付・署名

 

品物をもらったとき

例文1:友人へ

 

○○○、可愛いベビー服をありがとう!
赤ちゃんの名前は、□□と名付けました。すっかり親ばかです。
心ばかりのお礼の印です。受け取ってくださいね。
まだまだ寒い日が続くので、体には充分に気をつけてね。

例文2:先輩へ

 

○○先輩、お心遣いいただいてありがとうございます。
赤ちゃんには、優しい子供に育ってほしいと願いを込めて「優奈(ゆうな)」と名付けました。
先輩には、仕事でもプライベートでも何かと助けていただいて、とても感謝しています。
落ち着きましたら、優奈を連れて遊びに行きますので、顔を見てやってくださいね。
暑さが続きますので、お体にどうかお気を付けください。

 

現金商品券をもらったとき

例文1:友人へ

 

○○へ
出産のお祝いありがとう。
子供の成長に役立つものを買わせていただこうかと思っています。
初めての子育てでわからないことが多くて、先輩ママの○○を頼ることがありますが、これらからもよろしくお願いします。
落ち着いたら連絡するので、また遊びにきてくださいね。
仕事と子育てに毎日大変だろうけど頑張って!

例文2:いとこへ

 

○○ちゃん、出産のお祝いありがとう。
□□もおかげさまですくすく元気に育っているよ。
○○ちゃんにもらったお祝いで、さっそくベビーカーを購入しました。大切にするね!
ありがとう。
五月の連休には顔見せができると思うので、楽しみにしていてください。
お互いに無理をしないように気を付けようね。