出産祝いの相場はいくら?金額の目安について

出産祝いの画像

出産祝いの金額の相場は、5千円から1万円程度です。贈る相手とのお付き合いの深さにもよりますが、金額が少額すぎても失礼になりますし、高額すぎるのも相手に負担をかけてしまいます。

地域や風習の違い、贈る相手の年齢によっても、出産祝いの金額にはそれぞれ違いがありますが、ここでは一般的な出産祝いはどのくらいが目安なのか、金額の相場をまとめています。

出産祝い金額の相場

友人 3千円~5千円
職場 5千円~1万円
親戚・いとこ 5千円~1万円
兄弟 1万円~3千円
3万円~10万円
3千円~10万円

出産祝いを贈る相手別の金額の目安

 友人に贈る出産祝い金額の相場
友人に贈る場合の出産祝いの金額は、3千円~5千円程度が目安といわれています。

5千円~7千円ほどの出産祝いなら、2、3千円ほどの内祝いをお返しできるけど、出産祝いが3千円ほどのとき、いくらくらいお返しすればよいのか、金額に悩んでしまういうママ達の意見がありました。

3千円ほどのものを友達の出産祝いに贈るなら、プレゼントとしてお渡しするのはどうでしょう。プレゼントとしてもらったのなら気を使わないし、相手も安心して受け取れますね。

 

 職場(上司・同僚)に贈る出産祝い、金額の相場
職場の方が出産したときのお祝い金額は、だいたい1人あたま5千円~1万円が相場のようです。役職によって、上司が多めにお祝いをだしたりするところもありますから、確認するようにしましょう。

職場の場合の出産祝いでは、全体で5千円~1万円の金額を集めて、ベビー用品などのギフトを選ぶことが多いようですね。

 

 親戚・いとこに贈る出産祝い、金額の相場
親戚やいとこに贈る出産祝いは、5千円~1万円が相場といわれています。親しい関係だから、必要な物を直接聞いて、お祝いとして贈るという意見もありました。

おもちゃやベビー服などを出産祝いに贈る方が多いようです。

 

 兄弟・姉妹に贈る出産祝い、金額の相場
出産祝いを兄弟や姉妹に贈るとき、金額は1万円~3万円が相場といわれています。

お祝いは兄弟や姉妹の間で、お互いに1万円と金額を決めているという人や、まだ買っていないものや欲しい物を、身内だからこそ率直に聞くという意見もありました。身内だからこそ、相手に聞いてみるのもよいかもしれませんね。

 

 両親から子供に贈る出産祝い、金額の相場
両親から子供へ贈る出産祝いの金額は、3万円~10万円が相場です。必要なベビー用品をその都度買ってあげたり、ベビーベッドやベビーカーなどの高価なベビー用品を贈ることが多いようですね。

 

 祖父母から孫に贈る出産祝い、金額の相場
孫への出産祝いの相場は、3万円~10万円が目安とされています。ベビー服やおもちゃなどは、出産祝いで頂くことが多いので、お孫さん夫婦と話しあって必要なものを贈る方がおおいようですね。

ベビーベッドやベビー布団、ベビーカーなど、少し高額になるものを贈ると喜んでくれるでしょう。

スポンサーリンク



二人目が生まれたら?出産祝いを贈る相手別の金額の目安

 友人に贈る出産祝い、二人目からの金額の相場
友人に贈る二人目の出産祝いの相場も、だいたい3千円~5千円が目安となる金額で、一人目のときと相場は同じようです。

二人目になると1人目の時に使ったベビー用品がありますから、商品券などを選ばれる方も多いようです。ママ達の中には、おさがりの洋服ばかりになるので、ベビー服をもらって嬉しかったという声もありました。

 

 職場(上司・同僚)に贈る出産祝い、二人目からの金額の相場
職場の上司や同僚の出産祝いに、連名でお祝いを贈る場合でも、相場は1人目と同じ金額という場合が多いようです。

二人目になると贈るものに悩みますが、上司など目上の方の出産祝いでは、必要なものを聞くのも失礼になるかもしれませんので、商品券やギフト券にプラスして、ちょっとしたプレゼントを贈ってみるのも良いかもしれません。

 

 身内に贈る出産祝い、二人目からの金額の相場
兄弟に贈る出産祝いは、2人目でも同じ相場のようです。兄弟に出産祝いを贈るなら、金額が高額になってしまうとお互いに負担がかかるので、話し合って1人目や2人目の出産祝いも金額を決めているという意見もありました。

何を贈ろうか悩んでいるのなら、身内なので気兼ねなく必要なものを聞いてから、出産祝いを贈るのもよいですね。

スポンサーリンク