結婚式のお礼・御車代や心づけの相場と熨斗の書き方

式場の画像

結婚が決まると、結婚式の準備から当日の披露宴、結婚式が無事に終わるまでには、たくさんの方にお世話になります。参加して下さったゲストの方だけでなく、司会者や受付を引き受けてくれた方、式場のスタッフなどには、御車代やお心づけをお渡しするようにします。

お礼やお心づけの準備は事前に!

新郎新婦、それぞれがお世話になった方には、費用はそれぞれが負担をしてお渡しするようにします。お互いにお世話になった相手には、両家で話し合いまとめてお礼をお渡しするとよいでしょう。

結婚式の当日は慌ただしくなりますから、前もって「お渡しする方のリスト」「新札の用意」「御祝儀の準備」と、いつお渡しするのか親と話あっておきましょう。

交通費・宿泊費などのお礼

司会者の画像
遠方から結婚式に来てくださる方や、司会、受付をしてくださる方には、手伝いをしてくれたお礼や交通費、宿泊費用などをお礼としてお渡しします。

招待状を遠方に住んでいる方にだすとき、相手に気を使わせないように「心ばかりですがお車代をご用意いたしております」とカードに書いて招待状に同封すると、相手がそれを踏まえた上で判断できるでしょう。

近距離でも交通費が発生するときは、お車代として準備をしますが、飛行機や新幹線などのチケットをこちらで準備したときは、お車代は必要ありません。

交通費・宿泊費などの負担金額はいくら!?

宿泊費や交通費にかかった費用は、基本的にこちらで全額負担しますが、全額は負担できないという方もいます。そんなときは、先方に「これだけしか用意ができません」と正直に相談してみてくださいね。

お礼を渡す相手【金額の相場と渡すタイミング】

 司会者へのお礼:相場は3万円~
司会者には、3万円が一般的な相場になりますが、プロに司会を頼んだときは5万円が相場となります。司会者は、披露宴で食事をする時間がとれないため、基本的にはご祝儀を受け取りません。

もし御祝儀をいただいたとしたら、司会者の方とは、事前に打ち合わせなどで大変お世話になるため、2、3万円以上はお礼をお包みします。

お礼を渡すタイミングは、結婚式後に両家のご両親から渡すようにしましょう。

 仲人・晩酌人へのお礼:相場はご祝儀の2~3倍
乾杯をお願いした方へのお礼は、御祝儀の2から3倍が目安で、お車代も1万円以上はお渡しします。

お礼は高額となるためお車代と別々に準備し、御祝儀袋は格の高い物、そして菓子折りを用意します。

基本的には、結婚式を無事に終えて2、3日中に、ご自宅の方へ新郎新婦と両家の親が揃って挨拶に伺いますが、今頃は披露宴が終わった後に部屋を用意し、お渡しする方が多いようです。

 主賓への御車代:相場はかかった交通費の1.5~2倍
主賓へお渡しするお車代は、一万円以上は包むようにします。一般的な相場は、かかった交通費の1.5~2倍が目安です。

新郎新婦それぞれの親から、主賓が受付を済ませた後にお渡ししましょう。受付の方にお願いするときは、他のゲストにわからないように渡してもらいましょう。

※新郎新婦がそれぞれ、学生時代の恩師や職場の上司など、地位の高い方に主賓はお願いするのが一般的です。

 受付の方へのお礼:相場は3,000~5,000円

受付を頼んだ方に、受付が始まる前にそれぞれの親からお礼をお渡ししましょう。受付の方へのお礼は、3,000円~5,000円が相場です。

 ゲストの交通費・宿泊費:相場は半額~全額
交通費や宿泊費がかかったゲストには、費用の半額から全額をお渡しするようにします。近距離でも交通費が発生するなら、お車代をお渡ししましょう。

遠方からのゲストには、親から披露宴の合間に手渡してもらうようにします。他のゲストには、受付にお願いするか、親も知っている方なら親から挨拶も兼ねて渡してもらうとよいでしょう。

 カメラマンなどのお礼:相場は1~3万円
長時間の演奏や写真、ビデオ撮影をしてもらうときは、1~3万円のお礼をお渡しします。新郎新婦から挙式後にお渡しするか、後日自宅にお招きしてお渡ししましょう。

お心づけとは!?

ヘアメイクさんの画像
お心づけとは、式場スタッフやヘアメイク、介添人などに、チップとしてお渡しするお金です。

結婚費用に入ってるからお心づけは必要ないという方や、そんな風習があるのを知らなかったという方も中にはいるようです。

結婚式前や当日など、長期間に渡りお世話になった相手には、感謝を伝えるためにもお心づけをお渡しするほうがよいでしょう。

お心づけを渡す相手【金額の相場と渡すタイミング】

結婚披露宴でお世話になった方に、お心づけは帰りにお渡しするものですが、今頃は帰り際は慌ただしく渡すタイミングを逃すこともありますから、披露宴の前にお渡しすのが一般的のようですね。

 ウエディングプランナー:相場は3千円~1万円
素晴らしい結婚式になるようにサポーとしてくれるウエディングプランナーには、お心づけは3千円~1万円が一般的な相場です。挙式が始まる前に、親からお心づけを渡してもらいましょう。

 式場責任者:相場は1万円~3万円
披露宴の人数にもよりますが、式場責任者へのお心づけは、1万~3万円が相場といわれます。60名程の結婚式では、1万円が目安のようですね。

披露宴が始まる前に、「スタッフの皆さんへ」と一言添えて、親から渡してもらいましょう。

 ヘアメイク・着付け:相場は3千円~1万円
着付けやヘアメイクの方には、3千円から1万円のお心づけが相場といわれています。支度を始めるまでに、親から渡してもらいましょう。

 介添人:相場は3千円~5千円

介添人へのお心づけは、3千円から5千円が相場のようです。挙式前か引上げ後に、親から渡してもらいましょう。

 演奏や写真、ビデオ撮影者:相場は3千円~5千円
ビデオや写真撮影・音楽演奏などをお願いした相手には、3千円~5千円のお心づけが相場です。挙式が始る前か披露宴の後に、親から渡してもらうようにしましょう。

のし袋の選び方と表書き

結婚は、一度きりであってほしいので、水引がほどけないように結び切り(淡路結び)を選びましょう。

金額が1万円以上を超えるお礼や御車代をお渡しするときは、御祝儀袋も格の高いものにします。1万円以下のときは、ポチ袋でお渡ししてもよいでしょう。

新札の用意をし、表側が前にくるよう三つ折りにして、ご祝儀袋にいれます。ご祝儀袋はきちんと糊付けし、名前は筆ペンで書きましょう。

媒酌人・仲人へのお礼・お車代

熨斗の表書き

 熨斗の上
「御礼」「御車代」
 熨斗の下
両家の名字

媒酌人・仲人へのお礼は高額となるので、水引は金銀のものを選んでもよいでしょう。

また、お車代も1万円以上になるので、ポチ袋ではなくご祝儀袋でお渡ししましょう。

主賓へのお車代

熨斗の表書き

 熨斗の上
「御車代」
 熨斗の下
新郎側の主賓には新郎の名字
新婦側の主賓には新婦の名字

主賓の方の御車代は1万円以上になるので、ポチ袋ではなくご祝儀袋を用意しましょう。

主賓は新郎新婦から一人づつになるので、新郎側の主賓には新郎の名字、新婦側の主賓には新婦の名字を書きましょう。

1万円以下のお礼・お車代

熨斗の表書き

 熨斗の上
「御礼」「御車代」
 熨斗の下
新郎側は新郎の名字
新婦側は新郎の名字

お礼や御車代は少額なので、熨斗や水引が印刷さたポチ袋でよいでしょう。

新郎がお世話になる方には新郎の名字、新婦がお世話になる方(ヘアメイクや介添人など)には新婦の名字を書きます。