結婚式の招待状の返事 返信の書き方で注意する点

結婚式の招待状はがきの返信 返事の書き方と注意点!

チェック メッセージを書く欄・スペースがないとき

 

はがきの裏側にメッセージ欄がないときには、縦書きのはがきでも横書きのはがきでも、余白にお祝いのメッセージを書くようにします。

 

メッセージを書くときに句読点を使うと、文字がとぎれたり文章が終わることから、結婚のお祝いでは「縁が途切れる」「終止符が打たれる」といわれ、句読点は縁起が悪いとされています。

 

句読点を使わずメッセージを書くと、ちょっとした心づかいが伝わりますね。

 

チェック 使ってはいけない言葉とは?

チェック カラーペンでメッセージを書いてもかまわない!?

 

招待状のはがきの差出人が仲のよい友人であれば、メッセージは少々砕けた文章でも問題はないと思います。しかし、御両親が差出人の場合は、きちんとした文章で返信するようにします。

 

どれだけ仲のよい友人であっても、カラーペンなどでメッセージを書くことはマナー違反です。親しいからこそ常識のある、心のこもったメッセージの書き方で返事をしたいですね。

チェック 結婚式を欠席するときの上手な断り方!

 

結婚式を欠席するときは、はがきの返事をする前に都合が付かないことを、相手に連絡するようにしましょう。結婚式が重なってしまったときは、正直に先約があることを伝えましょう。

 

また、あまりお付き合いのない人からの招待や、身内に不幸があったときは、理由を詳しく伝える必要はありません。

 

出席できないことを伝えるときには、「出席したいのだけれどどうしても都合が付かない」「できるだけ出席できるように、調節してみるね」などと上手な断り方をします。

 

祝福の気持ちと出席できない残念な気持ちを伝えると、相手が嫌な気持ちになることはないでしょう。

 

また、招待状の返信は早めに返事をすることがマナーですが、このような欠席の場合には、返信が早すぎると「出席する気は最初からなかったのかな?」と相手が受け止める可能性があります。

 

欠席する場合の返信は、すこし時間をおいてから返事を出すようにしましょう。