結婚式招待状の返事 欠席の返信メッセージ文例/例文

結婚式を欠席するときの返信はがきの書き方 メッセージ文例・例文

招待状が届いたけれど都合が付かないときは、招待状の返事に欠席理由を書いて返信します。

 

このとき「他の結婚式と重なった」「身内に不幸があった」「体調がわるい・病気やけが」などの場合には、欠席理由をはっきりと書いてはいけません。

 

メッセージの書き方のポイントとして、結婚式に出席できないときでも、「祝福の気持ち」は必ず書くようにします。また「参加したけれど残念な気持ち」や「お詫びの言葉」をメッセージに書き添えるようにします。

 

「多忙」「忙しい」などの言葉は失礼にあたりますので、使わないようにに気を付けましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

はがきの返信メッセージの例文・文例

 

結婚式を欠席するときのはがきの返事

 

ご結婚おめでとうございます
当日は仕事の都合により欠席させていただきます
おふたりの幸せを心よりお祈り申し上げます

 

 

お招きいただきありがとうございます
○○○さんの花嫁姿を楽しみにしていたのですが
子供の所用により出席がかないません
こちらにておふたりの幸せをお祈りしております

 

 

ご結婚おめでとうございます
あいにくはずせない事情があり出席がかないません
これからおふたりであたたかい家庭を築いてください
心から応援しています

 

 

この度はご結婚おめでとうございます
やむをえない事情があり欠席させていただきます
おふたりの新たな門出を心からお慶び申し上げます

 

 

お招きいただきありがとうございます
おふたりに会えることを楽しみにしていたのですが
あいにく先約があり出席がかないません
こちらにて心よりお祝い申し上げます