結婚式招待状の返信 よくある返事の質問・疑問

結婚式の招待状 返信はがきのよくある書き方Q&A

はがきを出さず、メールや電話で招待状の返事をしてもいい?

結婚式の招待状が届いたけれど、友人と電話する機会があった、メールをする用事があったのではがきの返信はしなかったなんてことはありませんか?

 

結婚式の主催者は、返信はがきで出欠の確認をしていますので、はがきの返信がないと再度確認の連絡をしなければなりません。

 

結婚式の準備で慌ただしくしている2人に、「招待状はちゃんと届いていたかな?」などど余計な手間をとらせてしまうので、招待状の返事は必ず返信はがきで出すようにします。

招待されていない子供を連れて行ってもよい?

招待状に子供の名前が書かれていないときは、子供の名前を勝手に書いて返信をしてはいけません。また、勝手に挙式や披露宴に子供を連れて行くのはマナー違反です。

 

事情があるのであれば、前もって新郎新婦に相談するようにしましょう。

招待状の宛名が「御令室様」って誰のこと?

招待状が「御冷室様」や「御冷夫人様」とゆう宛名であるときは、夫婦2人に宛てた招待状になります。ご夫婦で結婚式に出席される場合には、返信はがきに各自それぞれ名前を署名します。

親しくない人からの招待状

親しくない人から招待状が届いたときは、出席する気持ちがないのであれば断りましょう。このとき返信はがきには、欠席理由をはっきりと書く必要はありません。

 

「当日先約があり出席できないことを残念に思います」などお詫びのメッセージを書くようにします。このとき、お祝いのメッセージも添えることを忘れずに。

招待状の返信はがきをなくしたり汚してしまったとき

招待状の返信はがきをなくしたり汚してしまったときは、電話して事情を説明しましょう。

 

返信はがきは結婚式の出欠の他に、席札などに書く名前を確認するために使いますので、事前に伝えておけば別のはがきで代用して返信するとよいでしょう。

返信が遅れたときや、締切までに出欠の判断ができないとき

返信はがきの締め切りまでに返事ができなかったときは、電話で返信が遅れたことを連絡し後日急いで返信はがきを出すようにします。

 

また、はがきの返信期間までに結婚式に参加できるかどうかはっきりわからないとき、とりあえず出席に○を付けて返信しておくということはいけません。

 

まず、先方にいつまでに返事を待ってもらえるのか確認の電話をしましょう。どちらの場合でもお祝いとお詫びの連絡をするようにします。

招待状の返事には、メッセージは必ず必要なの?

返信はがきにメッセージを書く欄がない場合でも、お祝いの気持ちや結婚式が楽しみであることをメッセージに書くことで、相手にも喜んでもらえる返信はがきになります。

 

結婚式に出席するしないに関係なく、一言お祝いのメッセージを添えると、心のこもった招待状の返信はがきになります。

代理の人が出席するとき

結婚式に代理をたてるときは、まず先方に代理出席でも構わないか、ということを伝え確認します。

 

代理でも構わないとゆう場合の返信はがきの書き方は、出席するときと同様で欠席理由は書かなくてもかまいません。名前の欄に本人の名前を書き、その横に「代理人○○○」と書きます。

病気やけが、不幸と重なったときの欠席理由は伝えるべき?

結婚式を欠席するときは、欠席の理由とお詫びのメッセージを返信はがきに書きます。

 

しかし、病気やけが、不幸と重なった場合は、理由をはっきりと伝える必要はありません。おめでたい席に不幸の話を持ち出すのはマナー違反です。

結婚式の受付を頼まれたときの、招待状の返信の書き方

結婚式の受付依頼が招待状と一緒に届いたら、受付を承知したのであれば返事を出すとき返信はがきに、祝福の言葉と受け付けを承諾したことをメッセージに添えるようにします。

 

受付の儀につきまして承知いたしました
当日は○時ころ参ります

 

と書き添えるようにしましょう。結婚式の当日までに一度、新郎新婦と受付のことについてお話しましょう。

 

スポンサーリンク