結婚報告のはがき【文章・内容の書き方】

結婚報告の挨拶状 ハガキ裏面の書き方(メッセージの内容・注意点)

日ごろからお世話になっている人へ、感謝の気持ちが伝わるような心のこもったメッセージを書きましょう。

 

結婚式に参列して下さった方にはお礼をこめて、欠席された方や招待できなかった方には、これからのお付き合いをお願いする挨拶状として、結婚式当日の写真入りはがきで結婚報告をすると喜ばれます。

 

スポンサーリンク


 

気持ちが伝わるはがきの文章・内容の書き方

 

結婚報告のはがき

文章構成

はがきのデザイン
  • 前撮り写真・二人の晴れ姿・挙式の写真・2人の2ショット
  • 結婚式で手作りしたものの写真・記念になるもの
  • ゲストのテーブル席の写真・集合写真

 

内容
  • 入籍した日付、結婚したことを伝える
  • これからのお付き合いのお願い・結婚式のお礼・メッセージ

手書きで一言メッセージを書くだけで、温かみのあるはがきになります。使ってはいけない言葉に注意して書くようにしましょう。

 

使ってはいけない忌み言葉と句読点

 

新郎新婦の名前・住所・連絡先
  • 本田 太郎・桜(旧姓 山本)

新婦は、旧姓も入れるようにしましょう。

 

 

ゲストの写った写真もまぜてはがきにすると、感謝の気持ちがよりいっそ伝わり、喜ばれるはがきになります。結婚式をされていない方も、これを機会に2人の結婚記念写真を撮るとよいかもしれませんね。

 

ウェディングに関係のない、2人の2ショットの写真で結婚報告のはがきを出す方もいらっしゃいます。

 

また、手作りのはがきも温かみがあって印象的なものとなります。いろいろなデザインのはがきがありますので、旦那様と相談して印象に残る結婚報告ができるとよいですね。

 

 

写真入りのはがきで結婚報告をする場合の注意点

上司に出す結婚報告のはがきを、写真入りにすことは失礼になる?とゆう疑問を耳にします。

 

写真入りはがきでの結婚報告は、親しい友人や会社の同僚・親戚などへ出すとゆうのが一般的のようです。上司でも気心が知れていてお付き合いもあるよなら、写真入りのはがきで結婚報告をすることを喜んでくれることでしょう。

 

しかし、あまり関わりのない上司や社長へ、写真入りはがきでの結婚報告や結婚式でのお礼は控えたほうがいいかもしれません。

 

相手とのお付き合いの深さによって、決めるようにするといいですね。結婚式での集合写真やテーブルでの写真を添えて、お礼の手紙と写真を同封してはいかがでしょう。

 

はがきを出すときは、ご自宅の方に役職なしで出しましょう。