結婚報告のはがきはいつの時期に出す?

挨拶状はいつ出す!?時期と喪中のときの結婚報告

結婚報告のはがきを出す時期を説明する女性

結婚報告のはがきを出す時期は、結婚式が終わって1ヶ月〜3ヶ月以内が一般的といわれています。

 

入籍と挙式の時期が離れている人は、入籍時に結婚報告されて挙式時にお礼を兼ねた挨拶状を出すと丁寧です。

 

結婚式や披露宴をされない方も、入籍されてから1〜3ヶ月以内には報告するようにしましょう。

 

入籍される時期や挙式される時期によっては、暑中見舞いや年賀状と兼ねた結婚報告をされる人も多いようです。

 

 

スポンサーリンク


 

喪中の結婚報告 挨拶状を出す時期

身内に不幸があったとき、結婚報告する時期は?

結婚式の前や後に不幸があった時は、四十九日が開けてから結婚報告のはがきを出すようにします。

 

年末の時期に不幸があった場合は、喪中はがきと結婚報告が重ならないように、喪中はがきを優先します。喪中のはがきには、おめでたい近況報告を書いてはいけない、○月に結婚しました、と書かないことがマナーのようです。

 

喪中であるため年賀はがきは出せないので、結婚報告のはがきを出すなら、寒中見舞いと兼ねて送るといいかもしれません。

 

喪中である人へ、結婚報告する時期は?

相手が喪中であるときは年賀状は出せませんので、「暑中見舞い」や「寒中見舞い」と兼ねて結婚報告するようにします。

 

このとき、喪中であったため結婚報告をしなかったことや、不幸に関する言葉をメッセージに書かないように注意します。さりげなく、結婚したことを伝えるようにしましょう。

 

寒中見舞いを出す時期 1月5日頃 〜 2月4日頃までに
暑中見舞いを出す時期 梅雨明け 〜 立秋前(8月7日くらい)
残暑見舞いを出す時期 立秋 〜 8月いっぱい